不死鳥カラスの傾奇御免!

老舗の製麺所・浅草開化楼の営業担当σ(^o^) フリープロレスラー・不死鳥カラスのラーメンブログです。
タイトル: ◆スポンサーサイト
[スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: --:-- 

2007.12.30 Sun


三河屋麺の感想は過去のエントリー【コピーライターカラス?w(゚o゚)w】で述べた通り(^ー゚)b

特にあつもりで最高のパフォーマンスを見せていた。
提供時に浸かってくるスープ割り用の和出汁を気持ち良いくらいに乗せてくる|゚o゚)w
それはひやもりにしてもまた然りで、つけ汁を纏い込んで口に運んでくる。

麺の表面にヌメリがあり、加えて日本人が大好きなモッチモチの食感。非常に特徴的な麺だった。

今となってはとんだお笑い種だが、当時はその理屈が全く分からなかった(゚o゚;)

「いったい小麦粉に何を添加すればこんな麺肌・食感になるんだろう?( ゚。゚ )」

なぁんて(´,_ゝ`)プッ

添加どころか、そもそも構成が小麦粉100%じゃないなんて思いもしなかった。
まぁ、この前後の話はあくまでオレの想像と付記しておくが(^ー゚)b
澱粉を多量に配合している訳である。もっと明確に言うなら、

タピオカ澱粉(=゚ω゚)ノぃょぅ

当然味はないが、麺肌と食感に多大な影響を与える、アミロース含量の低いタピオカ。
冷凍うどんやカップラーメンの生麺タイプの食感を出すのに使われてるヤツだよ( ゚∀゚)ノィョーゥ

敢えて蛋白の低い小麦を合わせているから若干雰囲気は異なるけど、
以前「まるきゅう」でやった【インチキ(;-_-)ナメラカメン】がタピオカを主構成に取り入れた麺てワケ(b^ー゚)♪
食べた人は何となく分かるでしょ?

その三河屋麺に、一つだけ大きなウィークポイントがあった。
その時タピオカなんて思いもよらなかったオレは、そのただ一点に注目した。
それが麺自体の、

味だ。

小麦粉の味自体が全くしないんだ┐(゚~゚)┌
当時はそれが「なな、なんで?!」ってくらいに不思議だった。

今でもバリバリ売れてる麺だから、きっと同業の中には、

『似たような麺が出来れば!』

って思ってるトコもあるでしょう?
この際だから、オレが軽く教えてあげるよ(^ー゚)b
あんなモン、きっと大した配合はしてないと思うんだ。何せ味がねぇんだから(´,_ゝ`)プッ

ぶっちゃけ、粉は準強力単体で良いよ。それにタピオカ澱粉を全体の10%くらい混ぜてみ(b^ー゚)
添加じゃないよ。小麦9割に対しての1割だ。
加水は40%に近くても思ってる程のダマにはならない。
何しろ繋がりが悪いのが特徴だから、麺線で千切れが多く出るようなら
蛋白の多い小麦をブレンドしてみなさいよ(b^ー゚)♪
後はプロだろ。
タピオカの分量、加水、かんすいボーメの調整、ベースの小麦の種選別は自分でアレンジしてみてよ。
あの程度のレベルの麺なら簡単に出来る筈だからさo(^-^)o

…てまぁ、ちなみにオレは上に書いたまんまなんてやってないし、やる気もないんだけどさ(笑)

自分がやるならまず、こんな簡単にはやらない。
タピオカに逃げるならこそ、小麦感を出さなきゃ意味がない。風味の部分でね。

そう、自分では全然やる気がないんだよ。
オレはいっそのこと、
他の製麺屋さんのつけめん用の麺がタピオカ全盛になっちまえば良いくらいに思ってる。
その時だよ。
オレらが作ってるような小麦100%ありきの麺の存在がより浮き立つのは( ゚∀゚)ノィョーゥ

小麦粉ってさ、

偉大なんだよ。


あの時もそうだった。
オレはただ一点、悲しい程に小麦の味がしない三河屋麺の弱点に着目し、新麺の開発に入った。
その麺こそが、

【q=(^ー゚)チーメン】だ。

オレは強麺導入から1ヵ月を待たずして、【q=(^ー゚)チーメン】の試作に入った。
記念すべきその一発目は、何と!お屠蘇気分も抜けない2006年1月3日だ(笑)
オレはこのblog上でも、【「仕掛け」の初仕事】と題してその決意を語っている。
懐かしいなぁヽ(´ー`)ノ
年頭の目標として、

「最強のつけ麺屋になる」

って言ってるよ(笑)
どうだい?
この1年半でそこそこの頑張り見せてんじゃないかよ( ゚∀゚)ノィョーゥ

そう。
【q=(^ー゚)チーメン】開発の最大目標が「つけめん TETSU」、
そしてもう一軒、
同じく三河屋につけめんの麺だけ持っていかれた「麺家 宝」を奪回することだった。

思わぬ大怪我による入院で三河屋に甘い汁を吸わす期間が延びたのは計算外だったが(´,_ゝ`)プッ
【q=(^ー゚)チーメン】の開発から完成までは過去のエントリーに綴った通り、
そして、

オレが立てた目標の結果は見ての通りだ。

「麺家 宝」も「つけめん TETSU」も、【q=(^ー゚)チーメン】を語るには絶対に外せない店であり、

かけがえのない仲間だよ(^ー゚)b

2ヵ月に渡るオレの最初の入院の間、哲チャソは幾度となくお見舞いに来てくれ、
生の意見を聞かせてくれた。
オレはやりかけの試作を、哲チャソ始めメールなどでくれた他のお客さまの意見を合わせ、
配合に繰り返しアレンジを施して、連絡役を買って出てくれたコイチャソから、工場のみんなに託した。

そしてついに、オレの退院を待たずして【q=(^ー゚)チーメン】が完成する。
オレの携帯に届いた電話やメール、かなりの軒数試してもらっていたお客さま全ての答えが、

『Yes』になったヽ(´ー`)ノ

それから退院を1週間後に控えた2/27、オレは外出許可をもらって「頑者」に行くことになるのだが、
この時に付き合ってくれたのが千葉のポンヨウと、哲チャソだった。

既にその肚を決めてくれていた哲チャソだったが、
この日の別れ際、オレは最後にもう一度確認した。

『哲さん。オレは後1週間で浅草開化楼に戻ります。
 オレが退院したらTETSUの通常麺、浅草開化楼に変えてください』

「わかりました」

哲チャソは言い切ってくれた。

3/8、退院翌日。オレは浅草開化楼の仕事場に復帰した。

哲チャソには最後の確認をした。
だからそれ以降は余計なプレッシャーを掛けず、ただひたすらに哲チャソからの連絡を待った。

そして退院から程ないある日、ついに運命の電話が鳴った。

『今、三河屋さんに話をしました…』

電話の向こうの哲チャソは、ひどく沈んでいた。


『かなり辛い事を言われました…』

哲チャソは電話で、直接三河屋のTETSU担当・宮内社長その人に、
全ての麺を浅草開化楼に切り替えたい旨を伝えたと言った。
もちろん今までお世話になったのだ。今日の明日のと急な変更を願い出た訳ではない。

『三河屋さんのご都合の良いところでお願いしますと言いました』

「…それで向こうは何て?」

哲チャソから返ってきた、宮内社長の口から出たというその言葉を聞いて、
オレは正直呆然とした。

ありえない。

ありえない言葉が3つあった。
まずはそれを並べてみる。
並べてみるから、互いの立場になって、まずは各々考えてみて欲しい。

①『製麺屋なんか変えたって、売り上げなんか変わりませんよ?』

②『良いですよ。哲さんより出る(お客の)店、たくさんあるんですから』

そして、もう一つ。

③『開化楼にウチ(三河屋)のレシピが漏れてるんですよ。開化楼にウチの製麺レシピを盗まれたんです。
 哲さん。哲さんが開化楼に流してるんじゃないですか?』

宮内はこれだけの言葉を並べながら、

『じゃあ今月(2006年3月)一杯は取ってもらいますから』

と言い切ったという。
まぁ、別にそんなこたぁどーだって良い。

『オレが麺に関しては全くの素人だってことは、宮内社長がいちばん良くご存じの筈じゃないですか?
 その麺に関しての素人のオレが、開化楼にどうやってレシピを流すって言うんですか?!』

哲チャソは、宮内の吐いたどうしても許せなかった言葉にだけはそう言い返した。
その上で、あくまで自分から出した提案と、その答えを受け容れ、当月一杯の取引継続を了承した。

オレの意見は後程述べよう。
今は、あった事実だけを並べていく。

さて。
オレはここで、宮内にこれだけの汚い台詞を吐きっぱなしにさせておく訳にはいかない。
この話には続きがある。
少しは宮内のフォローもしてやろう。

この会話の後、実は10日程で三河屋と「つけめん TETSU」の取り引きは早期終了する。
このblog上では同年4/4に告知したが、実は3月半ば過ぎから【q=(^ー゚)チーメン】は導入されていた。

宮内から後日改めて、哲チャソに電話連絡があったのだ。
何とかアテが付いたので、今日限りで取り引きを終了して良いという旨。
そして、日数は開いてしまったものの┐(゚~゚)┌
件の電話での非礼もキッチリ詫びたという。

そう。男らしいトコもあるんじゃないか(^ー゚)b


ただし…。

あくまで『このまま終わってれば』の話だが。


宮内にはせっかくフォローしてやったが、もう一度堕ちてもらうことにする。
この話には、続きの続きがあるのだ。

そこにオレの怒りが治まらない理由がある。

わかるだろ?

答えは実に簡単だ。
哲チャソに吐いただけの言葉なら、彼自身に謝れば消えない感情は残っても一旦は落ち着くのだ。


浅草開化楼に製麺レシピを盗まれた云々…、


オレは現在の浅草開化楼の取引先・非取引先に拘らず複数の店舗で、
それを三河屋製麺社長・宮内巌の言葉として聞いている。

だからオレは許さない。

お前等みんな、盗人呼ばわりされて黙ってる人間か?

次回、宮内が哲チャソに浴びせた言葉を一つひとつ斬っていく。

それで終わりだ。


一つ目。『製麺屋なんか変えたって、売り上げなんか変わりませんよ』

ならテメエは何の為に営業してんだ?
それもわざわざ人の客にまでチョッカイ出して。
テメエの名誉やイメージ、自分の会社の為だけにやってるってことか?
オレとは全く違うな。
オレは少なからず、自分を選んでくれたお客さま…いや、敢えて客と言うよ。
自分自身だと思ってる。
麺を預けるって、それくらいのことなんじゃないか?
嘘だと思うなら、オレの客に聞いてみろ。
そしてな。
オマエが言った結果はどうだった?
哲チャソはオマエの言葉を自分の胸にしまいこんで、凄ぇ努力をしてきたんだよ。
オレもそれに応えるよう、一緒に頑張ってきた。
どうだい?
20070706225728

オマエの言葉は覆ったろ(^ー゚)b


二つ目。『良いですよ。哲さんより出る店、たくさんあるんですから』

ぶっちゃけ意味不明だよ。
負け惜しみってことでOK?(b^ー゚)


そして三つ目だ。
『開化楼にウチのレシピが漏れてるんですよ。開化楼にウチの製麺レシピを盗まれたんです。
 哲さん。哲さんが開化楼に流してるんじゃないですか?』

テメエ…どの面下げてそんなこと言ったんだ?
もし仮に、オマエの口から一度でもそんなデタラメが出たことがないというのなら、
オレはとんでもない名誉棄損を書き連ねたってことになるな。
だから、ハッキリしようぜ。

オマエが言ったのか?

言ってないのか?

を。

まぁ、言ったのが分かってるからオレはここまで強気で言ってられるワケだが(´,_ゝ`)プッ
オレとほとんど歳の変わらないクソガキが、つい感情的になって後先考えずに発した失言てことで、
公に、あくまで公に謝れば許してやるよ。
まぁ、失言の割には色んな場所で言いすぎだけどな(爆)

ハッキリしてもらおう。

オレはオレの知らないところでも盗人呼ばわりされてる可能性があるんだからな。


オレはいつでも会ってやる。

ここを見てないとは言わせない。
こんだけ赤っ恥かかされて、テメエも黙っちゃられんだろ。

オレがオマエの何を盗んだんだ?
さぁ、言ってみろ。

面と向かって聞いてやる。


さぁ、アンチカラスども。
この甘チャソは、この期に及んでも黙りを決め込む可能性がある。
その時はオマエラに動いてもらうぞ。

『お節介野郎共へ』

っていう名のエントリー、楽しみに待っとれよ(^ー゚)b



20070706225908




ほなの
スポンサーサイト
DATE: 21:05 trackback [0] 
Skin:Babyish
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。