不死鳥カラスの傾奇御免!

老舗の製麺所・浅草開化楼の営業担当σ(^o^) フリープロレスラー・不死鳥カラスのラーメンブログです。
タイトル: ◆スポンサーサイト
[スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: --:-- 

2007.05.13 Sun


オレが浅草開化楼の工場勤務になって早4~5年…(忘れた)。
誰にも譲らず、ずっとやってきた仕事が一袋(25k)ミキサー用の小麦の配合。
『石の上にも3年』と言うが、マジで3年目くらいまではとにかく苦痛の種だった。
朝から顔や頭はモチロン、身体じゅう真っ白になる(Θ_Θ)チーン

「こんな粉ジジイみたいな仕事やりたくもねぇ(゚д゚)、ペッ」

ずっと思いながらやってたが、今は楽しくて仕方がない。
実際、この毎日同じ事の繰り返しが嫌で、小麦粉で遊びだしたのが自分の麺づくりのきっかけ(^ー゚)b
配合の担当だったからこそ今まで色んなカラス麺が生まれてきたワケだし、
思いつきでサンプルを作ってもそれなりのモノが出来上がるようになったのだヽ(´ー`)ノ
ちなみに今は毎日手作業で25袋程のブレンドをしています。

さて。
その事件は今朝唐突に起きた。
前日の製造分で工場ストック分をピッタリ使い終えていたタピオカ粉を倉庫に取りにいったら…、

無い(Θ_Θ)チーン

いやいや、無い訳がない。
もう一度探してみると…、

やっぱり無い エーッ?!(゚o゚;)

いやいや、やっぱり無い訳がない(^_^;)
仕入れ担当者に聞きにいくことにした。

「ねーねー、タピオカ倉庫に無いんだよね┐(゚~゚)┌」

『( ̄□ ̄;)!!わ、忘れた。頼んで…ないよ_| ̄|○』

今日は日曜日。
問屋関係は全て休みである((((((゚o゚;))))

一瞬頭が白くなりかけたが、気を取り直して業者名を聞くと、幸い僕と懇意の問屋さんで。
担当の三井さん【参照】を叩き起こした(起きてた?)。
基本的に不可能と言われたが何とかしてくれと頼み、折り返し電話をくれることになった。
一旦電話を切り、最悪(無いまま)の場合にどうするかを考える。

よりによって、今日はタピオカ粉を使う麺帯ばかりが製造のラインナップ_| ̄|○
六厘舎を始め4種類(;-_-)全部で8袋もあるのだ(Θ_Θ)チーン

…とは言っても、微量なんだよ。25kに対してg単位の配合だから。
ぶっちゃけオレ的には「効くもんか」と思ってる(´,_ゝ`)プッ

いっそのこと、

抜いちゃうか?( ゚∀゚)ノィョーゥ

…などとも思うのだが、万が一違うモノが出来上がらないとも言えない。
いや、思いつきでいい加減なことは出来ない(;-_-)
アミロース含量がほぼ同じものなら打ち粉に使ってる挽き直しの甘藷澱粉があるが、
麺への練りこみは試したことがないので恐い(;-_-)

さぁ、どうする?┐(゚~゚)┌
思いあぐねたその時、待望の電話が鳴ったヽ(゚∀゚)/

『何とかなりましたので!私既に練馬の倉庫に向かって走っております。
 9時には私の会社の方に戻れる筈です。ただ、先程お話しましたように来客がありますので、
 開化楼サンまではお持ち出来ないんです。私の会社の近くまで出てきて戴き、合流出来ればと…』

「全然オッケーですよ!ホントにありがとうございました!!」

こうして、最大の危機を脱したヽ(´ー`)ノ
9時に先方の会社の傍で合流して粉を受け取る約束で、電話を切った。
さて、そう約束はしたものの…。
今日は日曜で社員の休みが多くて工場内は人手不足。出来れば1人でも表に出したくない。

…と。

あらぬ考えが閃いてしまった| ゚∀゚)ノピーン

三井さんの会社、丸木商事は文京区。
ウチのお客さまなら「つけめん TETSU」のご近所で、良く食べに行ってくれている。
哲チャソとはすっかり顔馴染みだ(^ー゚)b

…で。

哲チャソに電話した。

「カクカクシカジカ…マジ大変でしたよヽ(´ー`)ノでね、9時に哲チャソとこの前で受け取ることになったんです。
 で…」

『で…?』

「……………。」

『………で、オレに持って来いと(;-_-)』

「いやぁ、そんなこと、悪くて言えないですよ」

『またまたぁ!!良いですよ!どうせそっち行くんですからo(^-^)o』

「えーっ!マジ?!お願いしちゃっても良いんですか?」

『(^ー゚)b良いですよ!…ところでカラスさん』

「…ハイ?( ゚。゚ )」

『その粉って…ウチの麺にも入ってるんですか?』

「(;-_-)や…、やだなぁ!【q=(^ー゚)チーメン】は小麦とかんすいだけなんだから、
 入ってる訳ないじゃあないですかぁ!!」

『…………デスヨネ(;-_-)』

「で(^o^;)でもね、六厘舎の麺には入ってますから!!」

『……てことは、オレ…完璧にパシリですよね?(;-_-)』

「………は、はは(^_^;)」

そして哲チャソはボク等の危機を救ってくれた。
20070514232313

いつもの笑顔で、浅草開化楼まで粉を届けてくれたヽ(´∇`)ノ

普通なら、いつも麺を取りに来てもらって悪いから、
そっちに行く用事があるので今日の麺はこちらからお届けしますよ、だ。
それが当たり前なんだ。

ぶっちゃけオレは、こんなネタにする為だけに哲チャソを使った。

そんなことはモチロン、先程の電話のやりとりさえも、
哲チャソは全て解った上でボケてくれているヽ(´ー`)ノ

そう。
オレは哲チャソには何でも打ち明けられる。無理を言える。
そしてそれは、彼も同じだと思う。
三田のアンチャソ同様、かけがえのない存在なんだよ。

さて。
オレはそろそろ、今まで敢えて黙ってきたことを核心まで話そうと思う。
これまでオレも姑息に名指しを避けてきたが、もう良いだろ。
小出しにしてきたパズルを組み立てようと思う。

哲チャソとの出会いから今までを、綴ってみる。
そこにオレの三河屋製麺批判の真実がある。
これで最後。
最後にして最大の爆弾だ。

ラーメン屋と製麺屋がどう関わっていくべきか、オレが教えてやる。

タイトルは、

今こそ「TETSU」の真実を語ろう

だ。
告知も含めてネタは溜まってるし、かなりの長文になると思う。
この題のエントリーが始まったら、徐々に上げていく感じになるかもしれない。
まぁ、追加したらその都度上げるから。

アクセス上げて待っててよ(^ー゚)b
スポンサーサイト

COMMENT

2007.05.15 Tue

FROM: きっく
良い話ですね~ ほんと哲さん。良い方だと思います。また顔を出したいんですが、当分落ち着きそうもないみたいで。すごい行列でしたね。
DATE:  2007-05-15 07:53  *edit 

2007.05.17 Thu

FROM: 負死鳥からす
>きっくサン
このエントリー、次に続く壮大な予告編になってます(^ー゚)b
楽しみにしててください( ゚∀゚)ノィョーゥ
哲チャソ、本当に良い奴ですヽ(´∇`)ノ
DATE:  2007-05-17 12:21  *edit 

TRACKBACK

2007.10.07 Sun

SUBJECT:
アミロースアミロース (amylose) とは、多数のグルコース|α-グルコース分子がグリコシド結合(α1→4結合)によって重合し、直鎖状になった高分子である。アミロペクチンと同じくデンプン分子であるが、形状の違いにより異なる性質を持っている。デンプンに含まれるアミロ
Skin:Babyish
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。