不死鳥カラスの傾奇御免!

老舗の製麺所・浅草開化楼の営業担当σ(^o^) フリープロレスラー・不死鳥カラスのラーメンブログです。
タイトル: ◆スポンサーサイト
[スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: --:-- 

2007.02.18 Sun


『わかっちゃいるけどやめられない♪』

8歳の空(写真右)にとって「じらい屋」のラーメンはまさにそんな存在とか(^ー゚)b
20070219182912

空が言う『オヤジ(゚o゚)/いつもの』、
「ヌキチャー大」こと『じらいやらぁめんニンニクヌキチャーシュー大盛り』エーッ?!(゚o゚;)は、
きっとそのまま彼のソウルフードになるんでしょう(^ー゚)b
あ。+半ライスね(;-_-)
ところで『わかっちゃいるけどやめられない♪』というの…、
それ即ち、依存症の特徴(Θ_Θ)チーン
やっぱり血なんでしょうか?(;-_-)

今日はそんなすっかりハマッてしまった【じらいや依存症患者】の弟に触発されて、
兄貴ジュンペイ(写真左)もついに参戦です(Θ_Θ)チーン
ちなみにこの野郎、過去2度だけ此処に来てまして、
『YMOならまた食べても良いかなぁ(*´σー`)エヘヘー』
とか抜かす生意気モンです(^o^;)

子供を先に向かわせ、車を停めてから追っかけゆっくり店に入ると、
オヤジが券売機の辺りに立っている。客席には子供2人と最後のお客さま…!若い女性2人組(。-_-。)ポッ
マジで「じらい屋」は女性客多いな!w(゚o゚)w

『【とりたま】でしょ?如何でしょうか。もう出来ますから、変更はアキマヘンで』

調理場を見ると|゚o゚)弟子2号こと、ともクンが僕ら3人のをまさに仕上げるところ。
平ザルの麺上げも様になっている(^ー゚)b
…てか、オヤジは案外弟子に任せるのが早いよね。これは良い意味で(^ー゚)
口で言うより、目で盗むより、実戦で覚えていけ…てことかな。
オヤジは弟子を育てるのが巧い!と思う。

【じらいやらぁめん+とりたま 800円】※弟子2号 ともクン作
20070219182829


かなりワイルドタッチかつジャンクな見た目だ(笑)やっぱりスープの感じが見た目にもオヤジとは違うかな。
でも全然美味い。【rifle】も実に良い感じだよ(・∀・)

『他にもいきますか?作りますけど、如何でしょうか』

「あー食べます食べます(`・ω・´)」

ていうかね、ボク毎日朝メシ食べないんですよ。6時っから仕事だから(-_-、)チーン
朝メシもちゃんと食べてる子等ぁ2人が2人して『チャー大+半ライス』食ってんですから!(;゚д゚)
もう一杯お願い申し上げますm(。_。)m
ちなみに晩飯ですが、
子供達…当然食べました。
カラス…抜き!(Θ_Θ)チーン
ヒィー(((;゚Д゚)))ガタガタ

『なら(野菜)抜き塩やな。千葉クン、お願いします』

立て続けにお弟子サンのラーメンをいただけることになった。これはこれで、楽しいヽ(・∀・)ノ

【塩らぁめん(野菜抜き) 650円】※弟子1号 千葉サン作
20070219182910


どう?
美しいヽ(´∇`)ノ
やっぱりともクンのとは見た目にも違うよね?オーラがあるわぃ。これが熟練てやつですね(^ー゚)b
2杯目だし、一旦は少しスープを残したまま丼をカウンターに上げようとしたんだけど、
「…待てよ」
と。結局飲み干してしまった。自分でも少しビックリした。
ヒキもある。素晴らしい(^ー゚)b

満足で食べ終わった後はいつもの雑談タイム。別名『オヤジのブログネタ探し』(´,_ゝ`)プッ
千葉サンは独り黙々と夜の仕込みをしながらだ。

『ところで千葉クン…』

「……………(゚д゚ )ハァ?」

こっからの師弟のやりとりが最高に可笑しかったんだわ! ヽ(゚∀゚)/

『君は……ちゃんと自作のラーメン作りとかはしてるわけです、か?』

「……えぇ。まぁ一応」

千葉サンはいつの日か「じらい屋」から卒業して、故郷新潟での独立開業を目指して頑張っているんだ。
オヤジもその夢を、心から応援しているんだよ(^ー゚)b

『それはどんなラーメンです?』

「は?」

『基本の味は醤油?塩?それとも味噌かってことですよ。如何でしょうか』

「あぁ。塩です」

『ほぉ。…で、どんな?』

「あの……コンソメとか使うんですけど」

『コンソメかぁ…なるほどねぇ……………て、おっ!!!』

「………。」

『思いついたぞ!千葉クンヽ(゚∀゚)/良~ぃネーミングを!!』

「は?(゚Д゚ )な…名前ですか? (;-_-)」

『そうだ!夜の部の限定メニューでやってみたら良いじゃないですか!では発表します…』

「は、はい…(;゚д゚)」

『じらい屋夜限定・千葉オリジナル。その名も……!【コンソメパンチ】や!!どや、どや?!』

「( ̄□ ̄;)!!」

『これしかないやろ!カラスくん、如何でしょうか』

ヽ(・∀・)ノアッヒャヒャ!

「(;-_-)て、店長。曲がりなりにも僕の処女作なんですよ。それだけは勘弁してください」

『そうかなぁ…。ズバリこれしかないと思いますけども…』

千葉サンの訴えが余りに真剣だったのでオヤジも退いた。
一瞬の静寂が訪れる。

『…とか言っちゃって千葉クン…』

「はい…。何でしょう?」

『ホントは新潟で開店した時にコッソリ【コンソメパンチ】って売り出すつもりなんじゃないですか?
 どや!図星やろ?!(=゚ω゚)ノカラスくん、如何でしょうか』

ヽ(・∀・)ノアッヒャヒャ!

『千葉クン、世の中そんなに甘くないですよ。既に著作権が発生してますからね』

してねぇよ!(´,_ゝ`)プッ


千葉さんの処女作ラーメンは次回か次々回、ボクが「じらい屋」に行く時に合わせて
オヤジとボクで試食させてもらうことになりました(^ー゚)b
そして、もしかしたらホントに夜限定メニューとして「じらい屋」に登場するかもしれませんよ!(゚o゚)/

まぁ…。
その時の名前は間違いなく、

千葉オリジナル『コンソメパンチ』

だと思うけど(Θ_Θ)チーン
スポンサーサイト

COMMENT

Skin:Babyish
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。