不死鳥カラスの傾奇御免!

老舗の製麺所・浅草開化楼の営業担当σ(^o^) フリープロレスラー・不死鳥カラスのラーメンブログです。

2007.01.11 Thu


昼過ぎから川越に行くことになった。
サプライズ訪問も含めて2軒を予定している。
せいぜい3~40キロの距離に高速を使い、ピークの時間に到着するというのも本末転倒なので(笑)
往きは川越街道を下っていくことにした。
その昔配達担当だった頃、新座まで週一で何度も通った道。車の流れも順調だ(^ー゚)b
しかしその内に、前の車が気持ち滞りを見せてくる。
そこが川越街道週末の渋滞名所【野火止】の交差点。

あ!

閃いた(`・ω・´)シャキーン

急遽の寄り道を思い付き、野火止を左に折れる。
程なく進んだ右手に、未食の名店「ぜんや」はあった。

表に5台程もw(゜o゜)w並べられた古めかしい木製のベンチには10人程のご先客。
好機ヽ(゚∀゚)/
これなら後にも差し支えあるまい。迷わず待ちに加わった(^ー゚)b

20分程待って入店した。笑顔の暖かい接客が嬉しいヽ(´ー`)ノ

【ぜんやラーメン 650円】
20070113115704

後に連食を控えているにも拘らず美味くてつい飲み干してしまった(゚o゚;)
実に美しい黄金色の清湯が気前良くナミナミと注がれる。潔い程にシンプルな丼構成。
特徴的だったのは麺で、厚みもソコソコある16番…いや14番くらいあろうか、かなり太い麺である。


ちょっと話は逸れるが、麺屋をやってて案外困るのが、
『塩に合う麺が欲しい』
という、漠然としたご要望だったりする(´・∀・`)ヘー
「本丸亭」のように加水のかなり高い佐野ラーメン系の平打ち手揉み麺がビシッと決まってるトコもあれば、
開化楼のお客さまなら「まるきゅうらぁめん」のように、およそありえない組み合わせのバリ食感、
【インチキ(゚o゚;)ハカタメソ】なんかが案外ハマっちゃってるお店もある。
絵文字で固めたら可愛らしいけど、何せ【いんちき博多麺】ですからね(Θ_Θ)チーン
あはは(笑)
つまり【塩の麺】に定義など存在しないのだ。
如何にスープを引き立たせるか?!
ボクの場合、塩はまずスープありき、
麺は【スープを美味しく感じさせる脇役】という捉え方をしている。
…とか言いつつ実際はまぁ、そぅ巧くはいってませんがorz
そもそもオレの麺てば個性強いし(Θ_Θ)チーン


さて、「ぜんや」の麺。
かなり特徴的な、胸踊る形状なんだけど、

スープに全く馴染まない(Θ_Θ)チーン

それをそれなりに食わせるのは、紛れもないスープの力という感じ。
スープを引き立てるどころか、おんぶにだっこされちゃってる。
不味いって言うよりは、とにかく【美味くない】って感じかなぁ(^o^;)

なんかこう…とにかくボソボソなんだよね┐(゚~゚)┌

固めの茹で加減を差っ引いても、久々ありえないと思った。
他店のレベルがグングン上がってるだけに、普通に美味しいラーメンに感じてしまいました(-_-、)チーン

きっと長い取り引きで信頼関係が出来上がってる地元の製麺屋さんが作ってるんだろうなぁ…。
若造が生意気言ってゴメンナサイm(。_。)m

あの麺に、独特のブリブリ形状以外良いトコはないです。

塩の麺てホントに難しいね(´・ω・`)ショボーン

頑張りませぅ(^ー゚)b
スポンサーサイト

COMMENT

2007.01.14 Sun

FROM: いくらヒールを通そうが
書いていいこと書くべきでないことの区別もつかないのか?

オマエがただの痛いラヲタならまだしも、同業者である以上完全な中傷記事。
『ありえない』のはオマエだ。
DATE:  2007-01-14 00:33  *edit 

2007.01.14 Sun

FROM: 負死鳥からす
>いくらヒールを通そうがサン
あースイマセンm(。_。)m
つっても麺のことしか書いてないよね?
一応プロの端くれなもんで、正直に書きました。
他に書き様がなかったもので。
アレ以上言い様あります?
形状だけでもせめてと誉めたつもりだったんですが(^o^;)

ラーメンはスープも麺も常に進化する食べ物だと思ってます。
頑張って欲しいね(^ー゚)b
DATE:  2007-01-14 12:46  *edit 

2007.01.14 Sun

FROM: 負死鳥からす
>カラカスチャソ
スパムURLか!(爆)
HNがイカシテルねぃ(^ー゚)b
DATE:  2007-01-14 12:50  *edit 
Skin:Babyish