不死鳥カラスの傾奇御免!

老舗の製麺所・浅草開化楼の営業担当σ(^o^) フリープロレスラー・不死鳥カラスのラーメンブログです。

2006.12.01 Fri


いつもの様に、宮にぃから普通に電話(゚。゚)
しかし余りにも唐突なその内容にビクッた(゜o゜;)

『北千住のさぁ【ちばき屋】出た子のトコに、どんな麺出してんのっ?!』

「(;゚д゚)ゲッ。ナ、ナンデマタイキナリソンナ…(;-_-)」

『いや、今こっち(短太固)に来てんだけどさ』

「エーッ?!(゜o゜;)で?!」

『自分トコの麺持ってきて【どう思います?】って言うから、いま茹での目安聞いて食べてみたけど…』

「どうでした?」

『……………(;-_-)』

「柔……かった?」

『うん』

「あぁ、やっぱり(-_-、)チーン」

『ちゃんと相談乗ってあげなよ!悩んでるみたいだから。オレも気付いたコトは言っとくし』

「【いつでも連絡くれ】って言っといてください。ボク呼ばれないと行かないから」


そして「子竜」の吉田店主はすぐにボクに連絡をくれ、暫らく振りに話した。
そしてボクもすぐ、久々の「子竜」に飛んだ。実際に食べるのは、これで3度目かな(^ー゚)

北千住東口の線路沿いにある「子竜」は、ボクにとって実は思い入れの深い店(^ー゚)b
配達担当を上がったばかりで工場に入っても麺取りの助手くらいしか出来ず、
そもそも麺について何も解らないままに、営業の担当になったお店だ。
当時ただ自分の真っすぐさと、実際にサンプルとして出している麺を食べたことさえないままに、
『とにかく浅草開化楼の麺は美味いんだ』
という自分にとっては根拠のない空の自信だけで担当してしまった。
思い入れ以上に、今思えば実に中途半端な営業をしてしまったと反省してる(-_-、)
それでも若き吉田サンは、数ある製麺所の中から浅草開化楼を選んでくれた。
凄く嬉しかったのを覚えてるヽ(´∇`)ノ

当初から麺は2種類で、塩と醤油で使い分けた。
それから3年半…。
吉田サンからは麺について、一切のクレームもなかった。
自分のスープに悩んで店を閉めたことが1度だけあったが、麺への文句など言われた試しがない。
初めて食べたのはホントにオープン間もなくで、ボク自身も今のようにラーメンを食べていなかったから、
今は全く記憶がない。

2度目はハッキリ覚えてる。
このblogの古い記事を探せばあると思うけど、確か配達の人間から、吉田サンが、

『カラスさんお元気にしてますか?』

と言われたってのを聞いて、コイチャソと2人で食べに行ったんだっけ(^ー゚)b
ちなみにコイチャソは、かなりの「子竜」びいきだ(b^ー゚)♪
相談があるのかな…?と思った。何かあれば、会えば言ってくれるだろう。
でもお互いに、久々の再会をオーバーアクションで喜び合うワケでもなく(笑)ニヤリと笑うくらいで、
普通に食べて、普通に挨拶して帰ってきた。
そもそも吉田サンってストイックで飄々としたキャラなんだけどさ(b^ー゚)
でも、ただ一点気になることがあって…。

それだけは自分から聞いておいた。

「麺は…敢えて柔く茹でてるんですね?」

って。
吉田サンもキッパリと言い切った。

『はい!』

ヽ(´ー`)ノならば何も言うことはない(^ー゚)bだから安心して帰ってきたよ。

けども、その時のボクの個人的な感想はこう(゚o゚)/
麺の個性を消してしまっているなって。
正直、知らないで食べたら、塩と醤油が別の麺だとは気付かないだろうなって。
ならば麺は1種類で、もっと違うタイプの生地で良いのじゃ?って。

それから暫らく経ってからの、宮にぃからの電話だったってわけ エーッ?!(゜o゜;)
というのも、「無骨地味そば 短太固」の店長ツルヤさんは葛西「ちばき屋」のご出身(^ー゚)b
面倒見が良い人で、吉田サンの修業時代には、何でも相談出来る兄貴分だったんだって。
その兄貴分の新しい門出を祝うべく休みに駆け付け、自らの悩みも聞いてもらったんだねヽ(´ー`)ノ

そんな状況が見えた時、僕はとても嬉しい気持ちになった。
それをまた、自分の問題として捉え、的確に対処してくれる宮にぃがいる。
人の繋がりってホントに面白いよねぇヽ(´∇`)ノ


さてさて、3度目の「子竜」。
どちらも食べてみたいので、塩→醤油の順番で半ラーメンを食べてみる。

【半ラーメン 塩 450円】
20061209122022


前回とは明らかに麺の表情が変わってたw(゜o゜)w

「茹で…変えましたね?」

『はい!』

「なんで?!」

『ツルヤさん、宮本さんにアドバイス戴いてから、帰って自分でも色々試してみたんです。
 それでやっぱり自分でも美味しいなって思えたんで』

「なら今は僕だからとかでなく、普通にこの感じで出されてるんですね?」

『はい!(^ー゚)b』

それを聞いて、安心した。人に言われたからでなく、自分が納得出来たこと。
ストイックな吉田サンには、それが最も大切だと思う。

そして久々に食べたけど、麺にキチッと主張させながら、やはり主導権はスープにある最高のバランス(b^ー゚)
「子竜」の塩は、やはり相当に美味いと思うヽ(´∇`)ノ

続いて【半ラーメン醤油 400円】を。
20061209122026


やはり麺は以前より硬めの茹であがりにシフトしていた。
こうやって食べ比べれば、明らかに違う麺なのが分かる。
塩に比べると、醤油は若干カエシが立ち過ぎているような印象…。
もっとシンプルにスキッとさせても充分スープの力だけで美味いと思った(^ー゚)b

さて、最後に麺について。
今まで「子竜」は好きだけど、麺が弱いと思われたことのある方は、是非もう一度食べてみて欲しい。
かなり印象は変わっている筈だから(^ー゚)b
その上で、僕にも色んな意見を聞かせて欲しいなm(。_。)m
今オレの頭ん中にも、吉田サンの作るスープに対して違う提案がある。
でも、今単純にそれを投げるような担当ではありたくないんだよね(^ー゚)

『正直、まだ麺のことは良く分からないんです』

そう正直に話してくれる吉田サンの気持ちを大切にしたい。
考えてみれば…。
自分の作る一杯に対して、3年半の歳月を経てようやく、
麺について考える余裕が出てきたってことなんだよね。
それだけ胸張って良いスープの完成度だと、オレは思うし(^ー゚)b

だからこれから、「子竜」のラーメンはもっともっと美味くなる。
吉田サンが勝負してるのは、最もシビアなフィールドだと思う。
オレにとってもまだまだ勉強してかなきゃいけない麺のステージだしo(^-^)o

だから今は今のまま、
お互いもがいていきたいと思っています。

みなさん、応援ヨロシクm(。_。)m



「子竜」
足立区千住旭町2-1 TEL 03-3870-1330
【営業時間】11:00~21:00
【定休日】水曜日
スポンサーサイト

COMMENT

2006.12.09 Sat

FROM: 爆弾男!
本当に真面目に頑張っている旨い店です。塩茶漬けも旨い!
DATE:  2006-12-09 17:18  *edit 

2006.12.10 Sun

FROM: ガンバ田臥
いい話ですネ。出てくる方達の思い、カラスサンの文に感動しマシタ。子竜はまさに「麺だけチト弱いカナァ」と思ッてたので次食べるのが楽しみです。
DATE:  2006-12-10 08:46  *edit 

2006.12.10 Sun

FROM: 腹とかげ
麺についてダケ?なお店で
もったいないなぁと思ってたんで今回の変化は非常に楽しみです。

行ってみますね(^-^)
DATE:  2006-12-10 13:39  *edit 

2006.12.10 Sun

FROM: 負死鳥からす
>爆弾男!さん
実はボクまだその噂の塩チャヅケ未食ナンデツ(;-_-)
ホントに真面目に頑張ってますよねヽ(´∇`)ノ

>ガンバさん
お久しぶりです(^ー゚)b
いえ、こちらこそガンバさんにそんなこと言ってもらっちゃうと感激ですhttp://blog13.fc2.com/image/icon/i/F9CF.gif" alt="" width="12" height="12" class="emoji">
麺の印象は今の時点でもカナリ変化していると思います(b^ー゚)♪
ぜひぜひ、吉田店主にも一声掛けてあげてくださいm(。_。)m

>とかげチャソ
とか言って、いつもカタメなくせにぃ(爆)
応援したげてくださいね(b^ー゚)♪
DATE:  2006-12-10 14:55  *edit 
Skin:Babyish