不死鳥カラスの傾奇御免!

老舗の製麺所・浅草開化楼の営業担当σ(^o^) フリープロレスラー・不死鳥カラスのラーメンブログです。

2006.07.25 Tue


20060725222442

松戸を出てもう一軒。
以前から、ぜひ一緒に行こうと約束していた「麺処 井の庄」に向かった。
初食で衝撃を受け、直後から誘っていた僕だったが、三田のあんちゃんは一言、

『【辛つけ】が完成するまでは行きません。余計な迷いは入れたくないので』

と言っていた。
ただのデブじゃない(爆)カッコイイ男、侍です(゚∀゚)b
そして今日となったワケ☆-('-^*)

果てしない道程だ。
せっかくの定休日にも拘らず、早くから電話で叩き起こした為(^o^;)いつしか隣で高鼾w(゜o゜)w
目指すは夜の部(゚∀゚)b裏道を使いながらノンビリと向かった。
堀切橋から更に新道を抜け、白髭橋のたもとから明治通りに入る。
三ノ輪を抜け、宮地から西日暮里方面へ抜けようとした時に、大切な用事を思い出した。

「あああ、アレ?!ひょっとして今日検査だったんじゃ?(;゚Д゚)」

確か8/2から10日間の再入院前の最終検査が今日の13:00からだったような…?
何しろメモ等一切しないズボラ人間なのでどうしようもない┐(´д`)┌
明日だったっけ?
それさえ分からないorz
幸い病院はここから目と鼻の先…って、だから思い出したんだけど(^o^;)
つっても、既に16:00過ぎてるけどねorz
一応電話だけしてみることにした。
外来の看護婦さんに代わってもらい…、

「今日じゃないよねぇ!」と決め討ちジャブ。

『思い切り今日なんですけど(;-_-+』逆カウンターを食らわせられた_| ̄|○

続け様、13:00っから何度も自宅に電話をしてたと逆ギレされ((((;゚Д゚))))

「で?(・_・|」と返すのがやっとだった。

と!
今から来れるなら診てくれると言う。
幸い助手席の大男は爆睡中(*´σー`)病院前に車を横付けして乗り込んだ。

「待たせたなぁ!!……………スイマセンorz」

検査をササッと済ませ、何事もなかったかのように車を走らせる。

「と……(!)」

三田のあんちゃんが目を覚まし、

『ヤッベー寝るトコでしたよ』

と(笑)ボケをかましたその直後、僕が思った(!)のと同じことを口にした。

『TETSU、近いですねぇ☆-('-^*)誘ってみますか!』

とヽ(´ー`)ノ
営業後の片付けをほぼ終えたTETSUに襲撃をかけ、店主を拉致る。
一人取り残された、はちきれんばかりの笑顔の接客の彼に、三田のあんちゃんが捨て台詞、

『タカ、後はしっかりやっとけよ!』

「ハイ、分かりました!行ってらっしゃいませっ!!」

い、何時の間にこんな主従関係が?!(爆)

実は哲ちゃんにも井の庄は食べさせたかったんだヽ(´ー`)ノ
というのも、最近夜の部限定で【黒手揉み麺】てのが始まったらしい。
僕の目当てもソレだ。
通常麺は【あの麺】だし、TETSU【強麺】に対する【黒手揉み麺】☆-('-^*)
何か、因縁めいたものを感じますね(*´σー`)

千駄木を出発して一路石神井へ。
3人で馬鹿っ話をしながら向かうも、思わぬ長い渋滞に捕まってしまった。

その時、ある閃きが(^!^)
おもむろに携帯を取り出し、電話を掛けた。
そう、あの男に(´ー`)

「ぅおーぃ!どーも!どうすか?今日は【冷やし】結構出ましたかぁ?」

そう言いながら目配せすると、同行の2人も察した様子☆-('-^*)

『おー。お前の【プ】ログ、結構見てる人いるんだな!今日は結構出たぞ』

「あ、そ。今ちょっと女房に代わるわ」

『あ?お、おい!!』

三田「じゅんじぃ~?(爆笑中略)ハイハイハイ、今代わるから」

カラス「もしもし?」

『やぃテメエラ!またそうやって連んで俺を仲間外れにするのか?!』

カラス「あ、そ。分かった分かった。じゃあ今度こそ女房に代わるから」

『あ?お、おい!!』

哲「ジュンジィ~?(僕に代わりながら)ダメっすよ、オレ恐いモン」

カラス「あーもしもし」

『やいやい!お前ら一体どーいうつもりだ』

「知らねーよ(Pit!)」

車内は大爆笑――(゜∀゜)――!!
…も束の間、三田のあんちゃんの携帯がけたたましく音を立てる(^o^;)

三人「キタキタ――(゜∀゜)――!!」

三田「(出て)今から3人でね、【麺処 井の庄】てトコ行くんだよ」

   (爆笑中略)

三田「…ハイハイ、じゃあね」

成り行きを聞いてみると、どうやら純二さんは『オレも行ってやるよ』と言ったらしい。
頼んでもいないのに(笑)
『ちょうど帰ろうと思ってたから、遠回りだけど付き合ってやるよ』と言ってたらしい。
誘ってもいないのに(爆)

静寂と束の間の平和を取り戻し、依然渋滞の中を進む車。
暫し後、池袋から電車に飛び乗ったであろうZから、頻繁に電話が掛かってくるようになった。
終には、

『オマエラ、いつまで待たせるんだ!(`Д´)オレはもうさっきからずっと着いて待ってるんだぞ!』

逆ギレする始末┐(´д`)┌
誰が待ってくれと頼んだというのだ?(笑)
そんな電話が、店の裏手の【開かずの踏み切り】まで続いた。

『今、一体どの辺だ?!』

「なに?もう【〇〇の〇】で食ってるけど?」

『て、て・め・え・ら』

もうね、ジャイアンですよ(笑)
やっとこ着いたら満面の笑顔だもの!可愛い人だよ☆-('-^*)

ということで、実に濃ユい4人組で(゚∀゚)bいざ「麺処 井の庄」へ。
前回衝撃を受けた【辛辛魚つけめん】を。
20060725222455

+50円で【黒手揉み麺】に変更して、中盛(無料!)で食べた。
粘度のある割りスープをまんま飲んでみたのだが、やっぱり僕は此処のスープが大好きだなヽ(´ー`)ノ
もっともっと、自信を持って良いと思う。
…というのは、味付けが濃すぎと思うから。
前回も書いたと思うけど、単純に醤油ダレの量が多いバランスの印象。
旨味がしっかり出たスープを美味しく飲ませる味付けでも、このインパクトは消えないと思う。
まさか麺に味がないからってこのバランスだとしたら、本末転倒だよ?
割りスープだけクイクイ飲んでたら、いよいよ七分割りのつけ汁が飲めなくなっちゃった(;゚Д゚)

4人揃って外へ出て一服ヽ(´ー`)ノ
何しろこの奇妙な集団が、自分達自身でも可笑しくて仕方がない。
4人が4人共ニコニコしている(*´σー`)

「一人だけ不釣り合いなイケメンが混じってるのが妙だよね!」

それを「オレだ」『俺だ』と奪い合ったりしてヽ(´ー`)ノ
ホントに楽しかったな。
また3人で行こうね☆-('-^*)
で、
また、後から電話しようね☆-('-^*)

今宵は【Z】Night(゚∀゚)b
いつも僕らの真ん中に、貴方がいる。

終わり!!



…じゃねぇか!(笑)
そうそう!【黒手揉み麺】でした。
揉み加減は最高のグリングリン捻れ形状でした!イイシゴトシテマツネー!(゚∀゚)b

麺自体の感想は一言。

「見かけ倒し」


舐めるな、マジで。
もっと魂籠めて打ちやがれ!!
可哀相だ、コレじゃ。
並べて食ったら一発で分かる。
遊びでやってんのか?って。
まさかこれ、出来上がり一発OK?不満はないの?
もっともっと、色んな麺を食った方が良い。
少なくとも、オレの駄舌には全く届きませんでした。
すいません。
スポンサーサイト

COMMENT

Skin:Babyish