不死鳥カラスの傾奇御免!

老舗の製麺所・浅草開化楼の営業担当σ(^o^) フリープロレスラー・不死鳥カラスのラーメンブログです。

2006.07.18 Tue


浅草開化楼に入って、もう6年目かな?w(゜o゜)w

色んな麺を作ったヽ(´ー`)ノ

失敗作やどうにもならん駄作を数多く乗り越えて、時にお客さまの支持を戴きながら、
現在、浅草開化楼の麺として実稼働してる麺帯(生地)も僅かながらある。

…と偉そうに言っても、僕がやるのはあくまで小麦粉や添加物の配合レシピと加水率の設定まで。
かんすい(ボーメ度)や製造工程その他は、
全て浅草開化楼の伝統に倣ってやらせてもらっているに過ぎないのでくれぐれもd('-^*)
ぶっちゃけそこが一番製麺屋の個性が出るキモだから、正直カラスがやってるのは大したことじゃない。

まぁまぁ(笑)

そんな僕の麺づくりのきっかけは、ぽっぽっ屋店主、宮にぃとの出会い☆-('-^*)
大森「めぐ蔵」(閉店)の【支那そば】麺の開発が大いに勉強になり、現在の僕の下地になっている。
あの麺はホントに美味かった(*´∇`*)
しかし製造レシピは最終的に、宮にぃ自身が横の繋がりで九州の「一風堂」の製麺工場に入り、
自ら作り上げてきたもの。
完全な製麺素人ながら、その敗北感こそが、僕のバネになったのは間違いない。
3種の最高級小麦を使った「めぐ蔵」の麺のお陰で、今まで見たこともなかった小麦粉と出会えた。
飽きっぽいB型の性格なのか、とにかく単純作業が苦手(^o^;)
毎日決まった配合に明け暮れる作業の中で、膨らんできたイメージを実際に形にしたくなり、
少しずつサンプル作りを始めさせてもらった。

それからもう、2~3年は経つかなぁ。
現在の浅草開化楼には、お客さまの様々なニーズに応えられる生地が揃っていると思う。
だから現在は社長から、
「もうこれ以上は増やさないでくれよ」
と釘を刺されている状態(^o^;)
それでも今、細麺でどうしても乗り越えたい壁が2つほどある。
これだけは時期を見て着手したいと思ってるd('-^*)
とは言え、まずは試作の段階で新たなお客さまを確保しないことには成立しない話だけどねp(^д^)q

さて。
ここで現在稼働中の僕の手駒を整理して、一部紹介してみよう。
紛れもない、これが今の僕自身の営業の武器だ。

【インチキハカタメン】
記念すべき第一作目。
『九州系の麺はないですか?』と問われて「空輸したらどうですか!」
と答え続けることに悔しさが募り、現地の製法など全く無視して作った無謀な麺。
とにかく東京発で【バリ】食感を出したかったのが、いきなり良い線イッテしまい戸惑った(^o^;)
見直しも考えないまま、製造ラインに乗ってしまい更に焦った(;゚Д゚)
今は微量の黄色を入れ、更に加水を当初より上げ、歯切れの良いバリと言うよりは、
弾力のある、パツーンという独自の食感の麺になっています。正直言って、まずノビません!
ただ、東京発の九州麺は今後も僕のテーマの一つです。いつか、より粉の風味や香を立たせたバリ麺を、
この【インチキハカタメン】とは別に作ってみたいと思ってます。
でも、麺機に決定的な違いがあるらしいんだよね┐(´д`)┌この壁を、今の態勢で越えれるか?!


そして僕はある時から、つけ【麺】作りを始めていったp(^д^)q
そう、あの人のことを思い浮べながら☆-('-^*)

【q=(゚д゚)men】
言わずと知れた【ちぃ麺】。
スタートは、価格で勝負出来る麺を作りたい…だった。
原価を下げる為に添加物(ここでは玉子やグルテンなど)を一切排し、
小麦のブレンドとかんすいのみで美味しい麺を目指した。
ビックリするほど売れたw(゜o゜)w
【q=(゚д゚)men】を使ってくれているお店だけでも、いつかまとめてご紹介したいくらいだ。
嬉しい計算違いだったのは、汁そばに使っても殊の外美味かったこと。
小麦とかんすい以外余分なものを使っていない為、スープの乗りが良いんだね(゚∀゚)b
これは僕の持論だが、つけそばで美味い麺は、ラーメンで食っても美味い。
これからも大活躍してくれるであろう、僕の代表作が【q=(゚д゚)men】です。

【ミニクイアヒルノq=(゚д゚)men】
現日本橋「ぽっぽっ屋」冷やしサラダらーめん&つけ麺2の専用麺。
現在使用店舗募集中(゜o゜)/
【q=(゚д゚)men】の冠通り、この麺も小麦とかんすいのみの組み合わせで作った。
宮にぃとの付き合いで早くから日清製粉「オーション」の旨みに開眼していた僕は、
「オーション」をベースにしたつけそば専用麺を作りたかった。
もちろん「オーション」単体でも『TETSU強麺』でお分りのように充分美味いんだが、
より女性やお年寄りも含め一般的に受ける、「オーション」の風味を生かした新しい食感が欲しかった。
『みにくいアヒル』というのは、僕が以前このblog上で「オーション」のことを、
美味いけど如何せん色が悪い(黒っぽい)→『みにくいアヒルの【粉】』と喩えたのがきっかけ(笑)
頓智が効いております(*´σー`)エヘヘー
この麺で【ラーメンの鬼】佐野実さんに公開挑戦状を出したのは、甘酸っぱくも懐かしい思い出…(^o^;)
未だに返答はないけどね(゜д゜)、ペッ
まぁ、そのうち嫌でも絡むでしょうd('-^*)

そして忘れちゃいけないのが!
【六厘舎】…鎖国中
一緒に歩んできたから、この麺で商売はしない。いわゆる【鎖国麺】というヤツ。
今から一月半ほど前に、ベースになる小麦を種別からガラリと変更したのは、
ただ一点、麺を噛み切る直前に『プィッ!』と弾き返す反発力が欲しかったからd('-^*)
導入から一月ほど経ったところで、見えてきた弱点を克服する為、
実は添加物を1種追加するマイナーチェンジを施して現在に至っている。


とまぁ、ザッとこんな感じです。
浅草開化楼伝統の麺帯の数々にこれらの手駒を加え、今後も頑張っていきます!
よろしくぅ!!q=(゚д゚)チッチキチー



…と。


アレ?!


しまった!w(゜o゜)w

1つ大切な麺を忘れていたよっ!!

【六厘舎(旧麺)】…封印中
これぞ、僕が初めて作ったつけそば専用生地です!(^o^;)
ヤベーヤベー忘れるトコでした。
例えて言うなら、麺を噛んだ時に歯が食い込んでいくのを実感出来る食感を目指しました。
国産小麦の風味を堪能出来る、美味しい麺です!
絶対の自信作ですが、そう言えば封印したままでした(;゚Д゚)
何て勿体ないんだ!(笑)
僕自身も好みであり、何よりこの麺には、忘れられない思い出が詰まっています。
六厘舎、そして店主・三田遼生は、常に前を向いています。
過去は振り返りません。
そう、この麺はいつ封印を解いたって良いんです。

捌ける数が問題だなぁ…。
でないと、これを今の製造ラインに組み込むのは、不可能だ。

さて。
20060718144521

僕はこの麺で新たに勝負を掛けます。
既に目星は付けているd('-^*)狙い撃ちだ!!

さぁ、どこかな?
覚悟して待ってろよ!(゚∀゚)b

ちなみに、灯台の下じゃないからね。
光の照らす先は…?
スポンサーサイト

COMMENT

TRACKBACK

2006.07.20 Thu

SUBJECT: 7/19 本日のメモ
今日もスッキリしない天気でしたねー。(関東地区)欽ちゃんのアレはどうなんでしょう。衝撃でしたね。ってことで、本日のメモ。■ニュースクリップ河北新報から加工品でも地産地消 みやぎ生協、地元業者と連携もちもちとした食感のラーメン、興味あります....
Skin:Babyish