不死鳥カラスの傾奇御免!

老舗の製麺所・浅草開化楼の営業担当σ(^o^) フリープロレスラー・不死鳥カラスのラーメンブログです。

2005.07.23 Sat


土曜の昼休み。。。

同僚の田中と新人の小林さんを誘って営業車を駆り、砂町の「とうかんや」へ。
サッと食って、サッと仕事に戻るつもりだったのだが(-o-;)

「わ、ヤベぇな^_^;」
20050723214808

決して狭くはない店内が満席で、おまけに先待ちの行列もそこそこ育っている(>o<)
相当に厳しい。
会社に帰るだけでも20分は見ておかねばならぬ。
店外の行列だけならまだしも、この店は店内にも数人の待ちスペースがあるのだ。
戻れないかも。。。
けれど今日は午前中からずっととうかんやな気分だったわけで、ここで食うのを諦めること則ち、

昼飯自体抜きなんだよ((p(>o<)q))

「大丈夫だいじょうぶぅ( v^-゚)」

確信なんて欠片もないのに、焦る同僚2人をなだめた。

3人の中で、最も食べるのが遅い、このオレが♪(*゚▽゚*)

13時ホンのちょい前、やっと店内に入れた。
急ぎ食券を購入するっ\(^o^;)

味玉らーめん+大盛り+半ライス('-'*)

3人の中で、最も食べるのが遅い、このオレが♪(*゚▽゚*)


さて、一口食べてみる。
「う、うまいじゃねぇか!!」

正直、麺に難あり?かと思ってたのに大きく裏切られた。
というのも、今年「とうかんや」は麺を開店時からの低加水から、麺質のガラリと違う多加水タイプへと変えているのだが。
変更当初に食べた印象が「?」だったの。

店主の笠原さんは(まぁどちらかと言えば僕もそうなんだが)基本的に硬麺好き。
前に食った時は変えた多加水麺も相当早い上がりだったので、
「あれ?」と思った。
笠原さん自身も「あんまり(麺)変えたの気付かれないんですよーo(^▽^)o 」と言っていた。
麺の加水が上がれば、スープの乗りは悪くなる。麺の水分が少ない方がスープを吸い込みやすいわけなんでね(^_-)
乗りが悪くなっただけ、悪くなったんじゃねぇかな。
僕はそう思って、新麺のスタートを歓迎出来ない節が相当顔に出てたと思う^_^;
僕は開化楼に勤めてからは、基本的にお客さんとこ以外で食っても麺の茹で加減に注文はつけない。
それぞれの麺にはやはりベストな茹で加減があるわけで、お店の方に任せればベストで上げてくれる筈だからo(^▽^)o 、ね。柔い方が旨い麺だってあるのだ。

20050724001806


今日の「とうかんや」の麺は違った。
麺硬がうまい!という笠原さんのポリシーをキッチリ残しながら、しっかり茹でてもいるんだわ。
いやぁ、恐れいった!!!\(^o^)/
まさに絶妙の麺茹で(^o^)bプロの仕事ですよ。

今日1日だけをとっても、僕は笠原さんのことまた大好きになっちゃった( v^-゚)
顔も性格もすんごい柔かそうな笠原さんだけど、ラーメンに関しては相当こだわり強いんだわ。
とうかんやの麺は、保存料が入っていない特注なの。
つまり日持ちしないから、製麺屋としては余り作りたくないわけ┐(ー_ー)┌
全く配合が同じだろうと、とうかんやはとうかんやだけで作らねばならないんだもん。
第一面倒でしょ?

「いやぁ、ちょっと汚い話ですけどね。食べた後にげっぷが出てくるじゃないですか?
 保存料が入ってるとね、げっぷと一緒に上がってくるんですよ。僕はアレが嫌いで。
 せっかく良いスープ取っても台無しですもん」
笠原さんがそう言った時、
僕は正直、そこまで気にして食ってる奴いねーよ!
と思った。

けれど今日のラーメンにはこちらにも充分、そこまでこだわって作ってやってもいいじゃねぇか!!と思わせる説得力があった。

決して大袈裟じゃない。

感動の一杯でした。ごちそうさま!!


僕らの満足度の高さを象徴する、1枚の写真で今日は締めます。
食後の一服を吸う(-。-)v-~~~、この男の表情を見てよ!!

200507240018062
「ラーメンもタバコもうんまいよ!!」by田中
スポンサーサイト

COMMENT

Skin:Babyish