不死鳥カラスの傾奇御免!

老舗の製麺所・浅草開化楼の営業担当σ(^o^) フリープロレスラー・不死鳥カラスのラーメンブログです。
タイトル: ◆スポンサーサイト
[スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: --:-- 

2006.03.25 Sat


みなさんは何を連想する?
モンゴル→蒙古→タンメン中本(爆)今のボクはこんな感じだ。
ちなみに製麺界ではモンゴルと言えば、(天然)かんすい(以後 灌水)と繋がってくる。

内モンゴル産天然灌水…、
あぁ、何て悲しい響きだろう。これぞ浅草開化楼のキモである。
多少立派に通った名前とは裏腹に、実にちっぽけでお粗末なぶっちゃけチンケな
浅草開化楼の工場には、
灌水を複数種使い分ける体制はないorz
ボーメ度と呼ばれる灌水濃度を変えるくらいで精一杯だ(←これさえ殆どしない)。
でもぶっちゃけ、その天然灌水を使う利点がボクには見えないのだ。
誰か解りやすく教えてくれ。
一般的な灌水が炭酸ナトリウム・炭酸カリウム(+リン酸など)の混合物であるのに対し、
内モンゴル産天然灌水は炭酸ナトリウム単体が主成分…。これで実際どう変わるのかな?
負け惜しみっぽいケドorzただの自然思考とかじゃねぇの?┐(´д`)┌
…と言ってみる( v^-゚)

さてさて。
今日の昼は吉祥寺近辺まで出てきたので、少し足を伸ばして三鷹までやってきた。久々の、
「らーめん たきたろう」20060325223037

もう一年くらいになるかな…ボクの力不足『だけ』で、取り引きが終了してしまった店だ。
つまり、他の製麺屋さんに獲られてしまった恰好だ。
何とも情けないあの時の思い『だけ』で、今の俺がある。

醤油らーめんを。20060325223038

ボクも大好きな、店主の修業先の「十日夜」に似てはいるが、
きちんと自分の方向性を打ち出した、
相変わらず、実に美味しいスープだった。吉久店主の丁寧な仕事の賜物だろう。

一方の麺は、実に意外だった。
開化楼が切られた時の麺と全く別のタイプのものかと思いきや、
平べったい形状こそ違うが、一見似たような麺だった。
それが、オレが浅草開化楼でいちばん好きな麺なだけに分からない。
どこが劣っているというのか?今の麺を食べ進めていけばいくほど、分からない。
内モンゴル産天然灌水の効果が分からない。
壁に貼られた理屈しか分からない。

やっぱり分からない┐(´д`)┌
スポンサーサイト

COMMENT

2006.03.25 Sat

FROM: 腹とかげ
僕はキラーカーンでつ。。
本人は日本人ですが(ー。ー;)
DATE:  2006-03-25 22:48  *edit 

2006.03.26 Sun

FROM: 負死鳥からす
>とかげちゃん
すいません…。
ワタシ自分で皆さんに問ぅといてorz
DATE:  2006-03-26 00:29  *edit 
Skin:Babyish
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。