不死鳥カラスの傾奇御免!

老舗の製麺所・浅草開化楼の営業担当σ(^o^) フリープロレスラー・不死鳥カラスのラーメンブログです。
タイトル: ◆スポンサーサイト
[スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: --:-- 

2007.12.06 Thu


【2006.3.10 10:56の記事を少し書き直したものです。上のエントリーに合わせて上げてみました。
 やっと応えられましたヽ(´ー`)ノ】



たった今、そんなメールをもらった。ただ一言だけ、名前もない。

何とか返してあげなくてはと思ったけど、正直いま、考える気持ちの余裕もない。
ハッキリしているのは、最低半年以降に控えている二度目の手術、
それが無事終わるまでは気持ちに、今と何の変わりもないということだけだ。
入院してからすぐ、今後のプロレスについて、その時の気持ちで決断を記した直後に、
以前から応援してくれているある女性ファンからメールをもらった。
つっても生で試合を見たのは2回だけという、
舐めたヤロー(゚д゚)、ペッでつが(笑)
このメールをずっと消せなくて…。
転載の許可をもらったので、読んでみてください。



「カラスさんへ」

おはようございます。
なんかさ…ショックで言葉も出ないよ、正直。送る言葉すら見つからない。
なんて声掛けて良いのかワカラナイけど…。
とりあえず、今思うことをメールします。
ウザかったら消してくれていいから。

今までも骨折したり、怪我したりと多かったけどそれでも必ず復帰してたじゃん。
医者にも極力行かず、「頼むから医者行ってくれ!」
ってコッチが思うくらいの気力で乗り切ってたよね。
カラスさんて凄い前向きで、凄い強気で実際強いヒトなんだと思うよ。

そんなヒトがさ、「もうプロレスは出来ません」「辞めます。」って…。
まさか、カラスさんからこんな言葉が出るなんて思ったコト無かった。
こんな言葉が出たコトが凄いショックだった。

なんか、ウチなんて本当に試合にも誘われても観に行かないし、
正直ファンらしいコト何もしてないファンだけど
それでもファンなんだよね…。プロレスラー【負死鳥カラス】の。

でもカラスさんの気持ちもわかるんだ、凄く。
仕事じゃ色んなヒトと関わりや繋がりのあるお仕事で、ブログ読んでても
今の仕事が凄く楽しそうだし、誇り持って仕事やってるのが凄くわかるよ。

プロレスなんて、いつ怪我してもおかしくない職業だし
今回みたいに自分が怪我したら、仕事先にも迷惑がかかる。
もちろん、家族にだって心配させる。
だから、一家の主として、父親として、プロレスを辞めなくちゃいけない、
そんな状況がいずれ来ることも自分でわかってたのかなーって思う。
凄くその気持ちわかるし、カラスさんがプロレスを大切にしてるのも凄いわかる。
だから余計にツライんだよね。

昨年の12月に数年ぶりに試合観に行って素直に
「やっぱカッコイイなぁー」って試合観て思った。
また機会あれば観に行きたいなって実は思ってた。
それから1ヶ月も経ってないのに、何。この知らせ。
関係無いケド、カラスさんが怪我した日って、
たぶん…ウチのおばあちゃんが亡くなった日と同じなんだよね…。
そんな偶然凄くイヤだ。本当にイヤだ。

昨日、千葉に行って買い出しに行った時に、
なんとなく携帯からカラスさんのブログを見た。
そしたらこんな記事って…。
正直、しばらく放心状態だったよ。
ただでさえ真っ白な頭ん中がさらに真っ白になった。
カラスさんのコトだから、またリングに戻って来てくれるかな。
引退試合も無いまま引退とか絶対許さないし、引退なんて認めたくない。
でも、正直「もういいよ、お疲れ様」って言ってあげたい自分も居る。
自分でもどうしたいのか、どうして欲しいのか、
どうあるべきなのかが良くわからない。
今、一番ツラいのはきっとカラスさん自身だよね。
わかってるんだけど…ゴメンね。ホントに。

でも今はとにかく!ゆっくり休んで怪我を治して欲しいなぁ…。
いつも突っ走りすぎだから、たまにはゆっくり休んでもイイと思うよ?
ホント、元気出してください!!応援してるから!p(^ ^)q
なんか偉そうなコトばかり書いてゴメンナサイ。それでは!〇〇でした。



とにかく今ハッキリしてるのは、カラスはプロレスは引退しないってこと。
引退試合?セレモニー?そんなの一生やりませんから。

(上部は2006年3月当時まま。以下は加筆及び修正分です)

2007年は古巣DDTでバトルロイヤルでしたが1試合だけやりました。

Tシャツを着たままね(--;)

…というのも腹が無様に出て、上半身はとても人に見せれる状態じゃなかった。
試合が出来ない=クサって運動不足、加えて毎日昼だけでラーメンを2~3杯食べていましたから。
我ながら、不細工な太り方だったと思います。

「もぅいーや」

って、決して大袈裟じゃなく、人生全てを投げてたような気がします。
惰性で生きていた。

しかし、10月の末に人生の大きな転機がありました。

今もね、俺の食生活自体に大した変化はありません。
でもね…、
自分でもビックリしたのだけど、ほぼ11月のひと月で体重は5kg以上減っていた。
腹がまた、割れてきましたよ。
定期的に試合を行っていた時より体調は良いかもしれない。
まぁ、右足に不安はありますけどね…。

もう一度、飛んでみたいと思ったんですq(^-^q)

(ここまで加筆分。以降若干修正しています)

これからのオレの人生は全て、かけがえのない大切な存在とその祝福の為に。
曲がりなき思いです。

カラスはカラス。


負死鳥か…?




不死鳥だぁ!
スポンサーサイト
DATE: 00:00 
Skin:Babyish
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。