不死鳥カラスの傾奇御免!

老舗の製麺所・浅草開化楼の営業担当σ(^o^) フリープロレスラー・不死鳥カラスのラーメンブログです。
タイトル: ◆スポンサーサイト
[スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: --:-- 

2011.04.10 Sun


俺(開化楼)の客ではないが、たまにフラッ行くのが大井町「ajito」。

中華麺の可能性を常に拡げ続けている、シェフの三浦クン。
同い年で気の合う仲間(^ー゚)b いつも刺激をもらってる

先日もお昼のいちばん忙しいだろう時間に読める筈のない襲撃予告メールを入れ(笑)、
昼の部終わりの時間を狙って顔を出した。

…ところが、『CLOSED』の扉を開くと(=゚ω゚)ノぃょぅ

そこには「ajito」に麺を卸している製麺所の担当者2名さまがいらっしゃり、

つまり打ち合わせ中であり

同業者同士の鉢合わせであり…


(;-_-)


全然気まずくなかった(爆)


2名さまは(株)菅野製麺所の営業担当と開発責任者。つまり俺とは顔見知りである

思えば、俺に初めて菅野の麺を意識させたのが「ajito」であり、
そう思わせるくらいに『菅野』の名前を前面に出しているのも、
食べ手に意識させるくらい麺に個性を与えているのも、誰よりも三浦クンだと俺は思う。

後にスカルクロウにまで変身することになる(笑)



俺と三浦クンの繋がりのきっかけはこのへん↓を読んで

「ajito」にて。二人のかぶき者、遂に交わる。
負死鳥カラス、30代ラストの一杯

こちらの写真は1年前の(早っ)3月の終わりに食べた俺の大好きな細麺つけめん

★BLACK鯖TH(ブラックサバス)



この麺に採用されたことで、菅野は以降【傾奇者】を主力商品の1つに据えることになった。
三浦クンのリクエストが色んな繋がりのきっかけだったんだよねぇヽ(´ー`)ノ

三浦クンと親しくなり始めた頃に、こんなことを言われたことがある。

『俺とカラスくんがどんなに仲良くなっても俺は菅野を裏切らないからさぁ(笑)』

そう。この信頼関係が良いじゃないかヽ(´ー`)ノ
これこそが、ラーメン店と製麺所のあるべき姿だと思う。

まぁ浅草開化楼然り、有名店に数多く卸してるってのだけを『ブランド』と宣う(笑)
おバカ※には一生解らないだろうけどね(大爆)
※αβοοη


さてさて

この日三浦クンが『食べるよねぇ(=゚ω゚)ノ』と出してくれたのは、まぜそばの白いヤツ!w(゚o゚)w


【カルボナーら(並) 850円】※中・950円 大・1100円(卵2コになるため)



※4/18・25(両月曜日・平打ち鯖th限定)以外のレギュラーメニュー


背脂・野菜ソースの『カルボナーラ』である。
チーズのトッピングこそあるが、つまりは基本乳製品不使用ということ

『コック舐めんなよぉ!(笑)』

三浦クンは言ったけど、俺が感じたのは紛れもない、らーメンLOVE

中華麺てやっぱ面白いよねぇヽ(´ー`)ノ
スポンサーサイト

COMMENT

Skin:Babyish
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。