不死鳥カラスの傾奇御免!

老舗の製麺所・浅草開化楼の営業担当σ(^o^) フリープロレスラー・不死鳥カラスのラーメンブログです。
タイトル: ◆スポンサーサイト
[スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: --:-- 

2011.04.06 Wed


こないだ、休みの夜に上野「らぁめん 青龍」に。

22時過ぎなのに店内は満席w(゚o゚)w
お店は小林のおじさんが気持ちテンパりながら1人で回していた(笑)
きっと夜は毎日この体制なんだろう。

午後に会社出て真っ先に来てしまったら、気持ち的にはここで外回りは終わってしまうから
大好きな店なのに、来たのは超久々だった。2年以上空いてたかも。
いや、そう言えば1度だけ来た…けど、その時はアイドルタイムで息子さん1人だったから。
俺が行くと、決まって『おー』と嬉しそうに声を掛けてくれたおじさんに会うのは2年以上振り
プロレスのポスターも毎回貼ってくれてたっけ

相変わらず元気そうだったけど、やっぱり暫く見ない間に歳食ったなぁと。
俺には一切気付いた様子はない。
というより、全く憶えていない感じだった(^_^;)

注文するタイミングを見計らってたら、

『ちょっと待ってよ!』

なんて先もって遮られたりもして(-_-;)(笑)


頼んだのは基本のラーメン。
塩はもちろんタンメンに至るまでスープの旨さを堪能出来る『小林』だが、
何せ久々ヽ(´ー`)ノ
醤油の誘惑には勝てない。

【醤油ラーメン 550円】



『玉子、食べんだろ?』

俺に掛かった意外な一言に思わず下げ気味でいた視線を上げると、
そこにはいつものおじさんの笑顔があった。

それから少し、色んな話をした。

『最近はやってないんだろ?ポスター持ってこないから(笑)』

プロレスのこと、
この日初めて気付いた、おじさんと同じ歳だった親父のこと。
御徒町のクリニックに通ってた頃の帰り道、物を一切食べない親父を連れてきたことがある。
自分の大好きならーめんで元気付けてやりたくて。あの時はしっかり食べていたっけ。


時は過ぎても何も変わらぬ味、ホントに良い時間だったヽ(´ー`)ノ
やっぱり大好きなお店は仕事抜きで来たいなって思った休日の夜。
スポンサーサイト

COMMENT

Skin:Babyish
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。