不死鳥カラスの傾奇御免!

老舗の製麺所・浅草開化楼の営業担当σ(^o^) フリープロレスラー・不死鳥カラスのラーメンブログです。
タイトル: ◆スポンサーサイト
[スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: --:-- 

2010.09.17 Fri


ある物に夢中になる余り中毒に陥った同じ穴のムジナから、裏ネタを高額買取!

テリー伊藤&優香司会のそんな斬新なトークバラエティ番組『教えて!ムジナさん』が、
今夜!9/17(金)深夜25:35~26:35、フジテレビ(関東ローカル)で放送されます。

3つのトークテーマがあって、その中の1つが我らが『ラーメン』

更には残りの2つこそが(笑)要注目で何と

『合コン』 ゲスト:クワバタオハラ・小原正子

『キャバクラ』 ゲスト:原口あきまさ

だっ!キタ━━ヽ(゚∀゚)/━━!!!

つまり、それぞれのテーマに『芸人枠』とでも言うべきゲストが登場する訳です。

その『芸人枠』の席にラーメンで座るのがこのお方(^o^)/




負死鳥カラス(=゚ω゚)ノオレヤデ!


バラエティ番組初登場(^ー゚)b


共演のラーメンムジナさん(敬称略)は、石山勇人・レイラ・しらすのお3方。

ぜひ見てよね(b^ー゚)♪
スポンサーサイト

COMMENT

2010.09.18 Sat

FROM: 壁黒
見ました・∀・イチ押しに大至を選んだ点、六のエピソードも感激しました。
大好きなカラスさんをTVで観れるとどうしてもテンション上がってしまいます。大至は麺が変わってからまだ行けてませんが、今後何十回とリピートすることになるお店だと思うので^ω^これからは麺の美味しさも堪能させていただきますね。
DATE:  2010-09-18 02:40  *edit 

2010.09.18 Sat

FROM: とみくら
いつも楽しく読ませて頂いております。コメントをするのは、これが初めてですけれど。

昨日の番組見させて頂きました。

ただ、どうにもカラスさんの発言に違和感を覚えました。何に違和感を覚えたのか、長文になってしまったので自分のブログに書かせてもらいましたので、陰口にならないよう、ひとまずご報告させて頂きます。

異論、反論はもちろんお受けします(カラスさんはもちろん、カラスさんのブログの読者の皆様のご意見も)。

記事はこちらです。
http://tomikura.cocolog-nifty.com/food/2010/09/post-5e81.html

お忙しいかと思いますので、お読みくださいとは申しませんが、番組内での発言について、違和感を感じた人間がいたことだけは気づいてもらえると幸いです。
DATE:  2010-09-18 13:42  *edit 

2010.09.18 Sat

FROM: 負死鳥からす
>壁黒さん
どうもありがとうございます
六厘舎のエピソードに関しては別コメントにある通り突っ込みどころ満載だったのかもしれませんが、僕の言い方だったり番組の構成だったり素直に受け取って戴いて感謝しています。
大至もぜひ行ってあげてください。
これからもヨロシクお願いします。
DATE:  2010-09-18 15:11  *edit 

2010.09.18 Sat

FROM: 負死鳥カラス
>とみくらさん
コメントありがとうございます。
blogの方、早速読ませて戴きました。
わざわざ出向いてまで言い訳がましいことをするつもりはないのでこちらで応えますね(^ー゜)b

まぁ…なるほど、そういう捉え方をする人もいるんだなぁ。

と思いました。
限られた時間の中で全てを伝えるのは難しいので仕方ないことですが。

なるべくなら言い訳はしたくありませんが、余りにも酷い云われ様かとも思うので、放送で伝えていない部分に関しての捕捉と思ってください。

あれは開店間もない無名時代の六厘舎の話です。
コメントでも言った通り、その頃も『良くこの場所でこれだけのお客さんが来てくれるんだなぁ』とは思いました。
しかしながら実際の数的にはホント、大したこと無かったんです。
その日、外待ちで2人ほど待たれてから暫く、完全にお客さまの流れが途絶えました。そのまま店を開いていても当時周りもまっ暗な中…次のお客さまは来なかったかもしれません。
そこで、その日の商売を諦めて暖簾を仕舞ったと。
その後で来られたお客さまを、正確には暖簾を仕舞った手前、お断りするしかなかったというお話です。

とみくらさんは『食べ物を粗末にするなかれ』というのを引き合いにされますが、そんなこと百も承知で、売れ残ったスープを保存する術のないラーメン屋は、捨てる以外に方法はないのではないか?!、と僕は思います。
当時一人きりで店をやっていた三田店主は、悔しくて本当に泣いていましたよ。

タイトルが過激に見えたりは仕方ないことと思いますが、限られた時間の中で演出も編集もしっかりやっていただけたと思ってます。
また、僕も鼻で笑うような話し方などしていませんし、タイトルが誤解を受けやすい分、口足らずながら一生懸命に話したつもりです。


説明は以上です。
勢い書き連ねたので、過不足はあるかもしれませんが。

あと一点。

僕が『麺を売る人間』と書かれたのにはカチンときました。相当カチンときてます。

悪いけど毎日工場入ってますから。少なからず僕のblogを読んでるというのなら分かってて当然ですよね?

最後になりましたが。

カンペキ個人だけの意見を言わせてもらえれば、


面倒クセー。
分からなきゃ分からなくて良いし、分からなかったことをいちいちアピールしてこなくて良いよと。
ただ、色んな人がいる訳で、難しいなぁと。俺もまだまだ口が足らねぇなぁ。

…てくらい
僕に会いたいみたいですからいつでもどうぞ(b^ー゜)♪と言っておきます。
殆んど毎朝6時から工場入ってますので。
ただ、休みの日もあるでしょうから間違いないところでは日曜の昼前とかね。

確認のメールでももらえたら間違いないでしょう(b^ー゜)♪

w960phoenix@gmail.com
DATE:  2010-09-18 15:52  *edit 

2010.09.18 Sat

FROM: とみくら
お忙しいところ、返信ありがとうございました。

違和感を感じた点、補足ありがとうございます。

>そこで、その日の商売を諦めて暖簾を仕舞ったと。
>その後で来られたお客さまを、正確には暖簾を仕舞った手前、お断りするしかなかったというお話です。

これであれば、ぎゃーぎゃー言うつもりはありません。

さて、面倒くさい人間で本当にすみません。お詫びもかねて、一度、お伺いさせて頂ければと思います。以下はメールでお送りします。

なお、当該記事につきましては、非公開としております。
DATE:  2010-09-18 21:26  *edit 

2010.09.18 Sat

FROM: マー坊
『食べ物を粗末にするな』という廃棄の問題の議論は六厘舎だけの問題ではなく、全国単位での飲食業界の問題だと思います。暖簾がどうこうという過程の問題ではなく、売れ残ったものをどうすれば良いのか?否定をするのであれば原因と対策を説明する必要があります。
DATE:  2010-09-18 22:20  *edit 

2010.09.19 Sun

FROM: 負死鳥からす
>とみくらさん
諸々ご配慮ありがとうございます。
本来客を守るべき立場でありながら、僕の発言で誤解を生むようなことはあってはならないので。
また少し屁理屈ぽく感じてしまいましてね(笑)つい熱くなってしまいました
戴いたメールの返事もここでさせてもらいます。

僕は人間に興味がありますので、会いたいと言ってくれる人には会います。
僕の仕事についても誤解されてるところがあるようですから、実際に見てもらった方が良いかと思いますし(^ー゜)b
いつでもどうぞ


>マー坊さん
先日、山ねこ行ってきましたよ(^ー゜)b
可哀想にポンヨウ関連はいつも記事を書くのが後回しになりますが正直感激しましたヽ(´ー`)ノ
頑張ってますね!頼もしい限りです。

コメントありがとうございました。
DATE:  2010-09-19 05:07  *edit 

2010.09.19 Sun

FROM: とみくら
カラスさん。

本日はお仕事中、お忙しい中、お時間取って頂き、本当にありがとうございました。

浅草開化楼は、(近場で働いていることもあって)以前からチラチラご様子伺っていたので、「小さい!」と驚きませんでしたけれど(実際、ベンチャー系の企業のオフィスに比べれば、やっぱり広いわけで)、衣服や体についた粉を吹き飛ばすエアスプレーには、こっそり感激していました。

ともあれ、お忙しい中、長いお時間、お邪魔してしまい(本当は謝罪してカラスさんに許してもらったら、仕事の邪魔にならないよう、さっさと帰ろうと思っていました)、また、僕にとっては知らない世界のお話をたくさんして頂いて、なんともお礼のしようのない気持ちになっています。せめて手土産がお口に合えばいいのですけれど……(なお、保存料等々、全く入っていないものですので、まだまだ暑い日が続いている今日この頃。ちょっと選択誤ったかと心配しています。お早めにお食べ頂ければ幸いです)。

またお時間ある時、お話聞かせてください。

とにもかくにも、貴重なお時間割いて頂いて、本当にありがとうございました。
DATE:  2010-09-19 21:23  *edit 

2010.09.20 Mon

FROM: KOIKOI
いつも、雑誌等でご活躍拝見させて頂いております!

先日のテレビで、六厘舎さんのエピソードを聞かせて頂きました。

正直、あれは番組製作者側のタイトルの付け方が誤解を生んだような…
自分も調理を生業にしてまして一瞬ビックリしました。
ですが、こちらのコメントを読ませて頂いて、スッキリとしました!

DATE:  2010-09-20 01:48  *edit 

2010.09.20 Mon

FROM: 負死鳥からす
>とみくらさん
いえいえ。
なかなか俺にちゃんと会いに来る奴はいませんから、嬉しかったですよ。
お土産まで気遣ってもらってすいません。今朝工場のみんなで美味しく戴き元気に頑張っています。
またお話しましょう。

>KOIKOIさん
まぁタイトルの付け方に関しては仕方ないのかと…。
思ったが故、僕も本当に伝えたいことの本筋が壊れぬよう、一生懸命話したつもりだったんですが、まだまだ頭が足りないですね。
でも理解して頂けて本当に嬉しいです。
ありがとうございました。
DATE:  2010-09-20 06:56  *edit 
Skin:Babyish
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。