不死鳥カラスの傾奇御免!

老舗の製麺所・浅草開化楼の営業担当σ(^o^) フリープロレスラー・不死鳥カラスのラーメンブログです。
タイトル: ◆スポンサーサイト
[スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: --:-- 

2009.04.29 Wed


切り刃の番手(横幅の広さ)じゃなく、断面が真四角な感じで現在の浅草開化楼で最も太い麺は、
俺の担当だと「六厘舎」「麺家 宝」そして「ジャンクガレッジ」のまぜそばの麺になる。

ちなみにこの3店は基本的に毎朝全て俺が担当で切り出しているんだよね。
何せ太いし手取りだし、ぶっちゃけエライ大変なんだ。

さて、現在も日々増え続けている新規のお客さま。
つってもまず俺の知らないお客さまばかりなんだけど…、
前者3店くらいの太さを求められる傾向を最近強く感じるんだわ。
まぁそれ自体は全然構わない。俺は大変だけどまぁ構わない(笑)

ただ一つヤケに気になるというか…。

オペレーションとか大丈夫なんだろうか?
まさかまた新たな『固い麺』が誕生しちゃってんじゃないでしょうねぇ??(-_-;)

…みたくね。
俺は何度も言うけれど、お客さんのコールでもない限りつけめんの麺の固茹では有り得ないわ。

美味くねぇから。

たまにね、

『太くて茹で時間の短い麺はありますか?』

なんて問い合わせがある。
そんな麺は無ぇから。

タピオカなんかの澱粉ブチ込めば確かに茹で時間は短くなるよ。でも浅草開化楼には、無ぇから!

作る気もないし。

茹で時間を短くしたい、必要な茹で時間を与える余裕がないなら答えはカンタン


「もっと細い麺使えよ!」


ってこと(^ー゚)b

俺はね、自分の客には言うよ。

「こんなの固くて食えねぇよ」

って。

気になるんだよなぁ(-_-;)
最近やたらと気になるんだよ、自分の麺が一体どんな風に出されているのか?が。

だからね、
近々余裕のある時に担当外のお店も回ってみようかなって思ってる。
食べた後で挨拶はするよ、聞かれれば素直な感想も答えるし。
でもこのblogに詳細はおろか、行ったことすら書かなかったとしたら…

それが俺の答えです。

だって、お客さんのこと悪くは書けないからさ。お節介もしたくないし。

あくまで…自分の為にね

でもその手の動きでどっか行った時は、店名は出さずに何かしら触れることにするわ。
文句なしに美味かったら、それはちゃんと報告しますんで(^ー゚)b


さてさて。
昨日は俺のイチオシの「○心厨房」に行ってきた。
20食限定のラス2に間に合って何とかありつけた

【しおつけ麺 750円】※20食限定
20090429111522

真っ先に気付いたのはチャーシューの変化
タイプや作る工程はまるっきり違うけど、俺のNo.1「麺 高はし」のチャーシュー並みに好きかも

スープはもうとにかく言うことがない。マジで飛び抜けてると思うよ(^ー゚)b
今日は若干だけ塩分濃度が高い気もしたけど、んなこたぁぜんぜん気にならない。

んで、

何でこんな憎まれ口エントリーの最後に『○心』の話を書いたのか?ってことだけど。
ちゃんと繋がるからね

さて『○心』のつけめんには14番縮れの【q=(^ー゚)チーメン】を使ってもらってる。
いちばん人気のある形状で、他だと「麺や 璃宮」や「ラーメン むろや」
と同じ形状ですと言えば分かりやすいかな(^ー゚)b

前半に話してたような麺と比べたら、別に太かぁない。
今どきじゃ実に一般的な太さと言えると思う。

しかし『○心』ではこの麺を【極太麺】と表記している…。





全然悪くない(^ー゚)b


『こんなの極太じゃねぇよ!』

そんな文句も聞こえてこない筈なんだよ。
しっかり茹でれば、麺はぷっくりと色っぽく膨らんでくれるってこと。

ただ太けりゃ良いってもんじゃない。
使い手はその辺を良く考えて欲しいね。

そんな風に思う今日この頃…。
スポンサーサイト

COMMENT

Skin:Babyish
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。