不死鳥カラスの傾奇御免!

老舗の製麺所・浅草開化楼の営業担当σ(^o^) フリープロレスラー・不死鳥カラスのラーメンブログです。

2011.02.10 Thu


SANKYO 創聖のアクエリオンプレミアムイベントに参加してきた(・o・)ゞ




早ければ3/7(月)からの全国導入で、3年振り2作目となるパチンコの『天翅篇』、



そして今回は何と!パチスロタイトルも同時リリース!!
回胴界に文字通りの『合体』を果たしたわけだ

さてこの俺。
印象的な主題歌のフレーズが耳に残っているのはモチロン、当然パチンコ1作目はやったことがある。
しかし、お恥ずかしながら原作アニメは全く知らないんだよね

…が、このスロットには大いに期待してる

開発のベースとなったであろう前身機『マクロス』は、
4~5号機含め最高の回胴機と思う『エウレカ』の状況が厳しくなった今、
打ち込んだ上で『間違いなく面白い!』と言えるから(^ー゚)b

そう俺ね、SANKYOのパチスロは相当好き
携帯のSDには初代(だったよね?)参入機(b^ー゚)♪




『ボンバーパワフル』の写メを今も残してるくらいに(*´σー`)エヘヘー




『マクロス』にも『エウレカ』へのリスペクトがしっかり見て取れるし、
『アクエリオン』ではまた痒い所にバッチリ手が届いているんだろうなぁとo(^o^)o


俺が会場に着いた時にはとにかく凄い人だったのでパチンコの方はパスさせてもらったが、
5分という限られた時間だったけど、パチスロの方はしっかり試打してきたよ(^ー゚)b

どうです、この面構え!(b^ー゚)♪



カッチョイイヽ(´ー`)ノ

正直、視認性の悪いと思うブラックリールは個人的には微妙な気もするが、
僅か5分にして2つの『ソウセイモード』のすっかり虜である。
なぜならパチスロは本来『気持ちいい~』モノなのだからヽ(´ー`)ノ



その他の演出面では、SANKYOパチンコお馴染みのプレミア音の採用がデカい
ロングフリーズとの連動で目撃したけど、アレは衝撃度抜群!キタ━━ヽ(゚∀゚)/━━!

ある意味セブフラ以上かもw(゚o゚)w
最高に『気持ちいい~』パチスロです。


情報提供元:SANKYO
スポンサーサイト

2010.07.29 Thu


9月上旬デビューのパチンコ話題の新機種



SANKYO【FEVER X JAPAN】のプレミアム試打会に行ってきた(^ー゚)b



仕事終わりで遅刻してからの入場だったんだけど、いやぁ…w(゚o゚)w
凄ぇ盛り上がりだったよ

コレ『まさかTOSHI来場』的にかなり微妙なカットだと思うんだけど



会場メインのスクリーンで行われていたフィルムライブの模様
ファンの人達のノリが素晴らしく改めて、愛されてる偉大なバンドなんだなぁと思ったヽ(´ー`)ノ

さてこの【FEVER X JAPAN】。

一言、



『物凄ぇ!』

に尽きる!(=゚ω゚)ノぃょぅ

まぁもうとにかく豪華絢爛の雨アラレ( ̄▽ ̄;)
音・光・ギミック(役物)、そして至極の映像の多彩な組み合わせが、プレイヤーを大いに盛り上げる

圧巻なのは盤面全体を覆いつくす巨大な『X』エンブレム!( ̄□ ̄;)



おそらく確定告知と思うけど、通常絵柄大当たり中のラウンド中昇格演出や、
出玉変化のMID的な扱い『紅ボーナス』の最終継続可否にも関わるので、
出現した時の喜びはハンパない\(^o^)/
ぜひ体感して欲しいよ(b^ー゚)♪

筐体はV-コントローラーの付いた前作マクロスの進化版って感じかな
V-コントローラーは使用頻度も高く、演出上とは言えども展開の天地を別ける大切な存在
現行機お馴染みの擬似連にも関わってくるので祈りを込めて引きたい。

いや、引き寄せたい



潜伏する2R確変、慶次のRUBに相当する『紅ボーナス』の存在から察するに、
おそらくMAXタイプなんだろうと思うが、初心者に優しいポイントを忘れてはならない。
前述の『紅ボーナス』も出玉獲得は通常同様下アタッカーのみなので打ち別けの必要がない。
誰でも公平な出玉が獲得出来る仕様となっているんだ。

最後に映像について。
SANKYOのタイアップものと言えばCGで表現されるキャラが活躍するのがお約束だが、
ここにもおそらくであろうメンバーのこだわりが垣間見える(^ー゚)b
どうしても作った感が出てしまうCGキャラの顔が基本、見えそうで見えない。
実写映像が無理なく良い感じで被り、違和感が全くないのだ。
大当たりを重ねる毎に増えていく全11曲の楽曲も聞くにつけ、名曲が多いんだなぁとヽ(´ー`)ノ
俺自身はX-JAPANにそう思い入れはないけれど、それでも感動してしまう映像の数々だ。

この時のHideなんて、マジ良い顔しててさヽ(´ー`)ノ



みんなも是非この感動をホールで味わってください(b^ー゚)♪

2009.08.10 Mon


20090212083053

ラーメン界一の傾奇者 負死鳥カラス、
20090802121845

友誼により慶次殿のイベントに馳せ参じたっ!



…て、客席にチョコンと座ってただけですが(笑)


ということで、8/7(金)に行われた、

8月7日は「花慶の日」ファン感謝祭プレミアムLIVE

に参加してきた
20090808090417

たかが漫画と言うなかれ!
我が人生のバイブル「花の慶次」の世界観を見事に再現し世に送り出した、
ニューギンの「CR 花の慶次」シリーズ。
パチンコファンの域を超え、花の慶次そのものを愛する人々の集まったこのイベント、マジ最高に楽しかった

『あそびにマジメ』をキャチフレーズに次々とヒット機種を発表している(株)ニューギン。
現行のメインとなる「CR 花の慶次」がシリーズ2作目となるこの、


「CR 花の慶次 斬」となるわけだけど、映画にせよ何にせよ、

『続編・PART2の類はヒットしない』

のジンクスを大きく打ち破り、前作を超える大ヒット機種に成り上がった(^ー゚)b
これはマジ、凄いことだと思う。

パチンコ慶次好きの俺のプロレスのあんちゃんことエキサイティング吉田選手は『斬』リリース前に、

『わしは2(斬)が出ても1(雲のかなたに)を打ち続けるよ。
 こんなに良く出来た熱い機種はないんだから。これを超えるのは絶対に無理や』

と言っていた。
毎度の戦の状況をイチイチ事細かにメールで報告してくれる人である(笑)

20090810081848

しかし『斬』リリース後のメールの内容を見ると、

やれ『(風魔)小太郎がどうの…』だの(笑)
『ノーマルハズレ後に赤襖が閉まったのに』(笑)(笑)
『伊達の強リーチから…』とかね(爆)

【雲のかなたに】には無い筈の演出ばかりが書き連ねられているのである。
こんな、相当思い入れの深い前作のファンさえも虜にしてしまう開発力(^ー゚)b俺は声を大にして、

「ニューギン万歳\(^o^)/」

と言いたい。
演出やリーチ画像など前作をまんま踏襲しているものもあるにはあるが、
俺なんかは特に新しいキセル予告を見た時に、

『うっ。慶次がよりカッコ良くなっとるキタ━━ヽ(゚∀゚)/━━!』

小躍りしたモノであるこういう細部へのこだわりがたまらない。
ちなみに新キセル予告、俺のメールの着信音です(^ー゚)b
…と、せっかくこのblogで初めて(?)大好きなパチネタを書くのだから、
ここで少し話を逸らして、『あそびにマジメ』なニューギンさんと俺の関わりについて記しておきたい(^ー゚)b

これでもこの俺、一時は攻略誌のレギュラー連載までやっていた、基本パチスロ好きなのだが、
5号機による規制が入る前のパチスロ爆裂機全盛時代至極当然のようにパチスロばかりを打ってた頃も、
僅か数機種ではあるが「このパチンコは打ち込んだ」と言える、思い入れのあるパチンコ機がある。
その中の1つが何を隠そう、ニューギンの「カーニバル」(3回権利)であった。
ドットデジタルのみで展開し、リーチもノーマルとスーパー(ロングでドットの色が変化)の2種類しかないが、
とにかく熱かった。ヨットの形のオールマイテイ絵柄があったっけ
兄弟機で、オールマイテイ絵柄がサボテンの「テキーラ」(だったけ?)もあったと思う。
しかし俺は断然「カーニバル」派だったし、
行き付けのホールでは永きに渡り2シマを占拠する人気機種だった。
あの頃のニューギンと言えば3回権利機のイメージで、後に液晶の「ミルキーバー」などもあったが、
やっぱり俺は「カーニバル」が好きだった

時代を超えそして今、「カーニバル」のあの興奮を超え胸を熱くしてくれるパチンコ機に出会った。
それが「花の慶次」シリーズであり、それが「カーニバル」と同じニューギン機であるというのが、
俺は特に嬉しいのだヽ(´∇`)ノ

改めて言おう。

「ニューギン万歳\(^o^)/」

と(^ー゚)b
既に公式発表もされてご存知の方も多いと思うけど、このファン感謝祭でも嬉しい告知があった。

それが「CRA 花の慶次~雲のかなたに~」のリリースである。
あの慶次の興奮が、低確率甘デジで味わえるのだ!キタ━━ヽ(゚∀゚)/━━!!!

財布にも優しいし俺はきっと今後はそちらを打ち込んで行くことになると思います(^o^ゞ
つまりはさ、甘デジにも『次なる修羅』が控えている筈なんだから(b^ー゚)♪


さて、話をイベント当日に戻そう。
そして、「CR 花の慶次」シリーズと言ったらとにかく漢・角田信朗の唄なんである。
20090808090409

この歌声を自分の台から鳴り響かせた時こそが、【好機】を超え【勝利】の刻なのだ。
角田さんとは俺の前職の芸能マネージャーの時に何度かお会いしているが、
今はまた違って輝いて見える
マニアックな話をすれば、USA大山空手との5vs5の『泣ける』空手の試合以上に、
今日は断然(失礼)格好良かったヽ(´ー`)ノ

花の慶次斬』のテーマ曲「よっしゃあ漢唄」はモチロン、

花の慶次~雲のかなたに~』の「傾奇者恋歌」、
20090808090414

そして前作の戦モード中、今回の真戦モードでは連勝中のプレミアソングとなる「漢花」まで生唄で聞けて、
マジ最高だったヽ(´∇`)ノ
漢・角田信朗、万歳\(^o^)/

この他にもバトルトークやアトラクションなど、本当に豪華で盛りだくさんの内容で感激だったヽ(´ー`)ノ
今回で2回目となる、この『ファン感謝祭プレミアムLIVE』だが、
参加した方の中ではすっかり8/7=花慶の日が定着したことだろう。

そんなこの俺はラーメン界の一の傾奇者を自認し、先頃日清製粉からリリースしたオリジナルのブレンド小麦にも、



傾奇者】と銘打つ程の花の慶次好き

必ず自分や鳥のカラスが登場するのはファンの人にはたまに傷かもしれないが
原作ファンならモチロンのこと、パチンコ花の慶次ファンのハートもくすぐるであろう、
オリジナルのTシャツを製作している。それが【CROW'S CROTHES 傾】なんだけど(^ー゚)b

【PART 1】※佐渡攻めの旗印『シャレコウベに蓮の花』をモチーフにした第1作


そして今回のイベントにはちゃっかりとコレを着て行った
【PART 2】かぶきもの
20090511123659

コレ、敬愛する原哲夫先生にはファンでありながら誠に失礼な話なんだけど
慶次を打ってると、戦モード中の分岐キャラで捨丸or岩兵衛が単独出現すると最大のピンチなわけ
それで2R通常に転落(出玉無し大当たり)なんかした日にゃあ、キャラへの愛が憎しみに変わり(笑)
思わず誰だって、

『この糞猿っ!

『役立たずのバカゴリラがっ!

と思ってしまうわけですよ。
20090511075258

そこで捨丸=猿・岩兵衛=ゴリラにそれぞれ見立て
朱槍を持った慶次にカラスマスクを被ってもらったという構図な訳です。
このカラス慶次のイラストが、日清製粉【傾奇者】の袋デザインの元になったというわけ(^ー゚)b
20090810081844

次回の試合では第3弾も発表予定なのでお楽しみに(b^ー゚)♪

そんなこんなでね、
俺もこれから先の1年で、ラーメン界を飛び越えてもっともっと有名になって、
慶次好きをもっと浸透させてもらって、来年のこのイベントでは是非ステージ上に上がってみせるっ!

…なんて野望をぶち上げたところで、この長文を締めたいと思います。

本当に楽しい1日でした
ニューギンさん、ありがとう
Skin:Babyish