不死鳥カラスの傾奇御免!

老舗の製麺所・浅草開化楼の営業担当σ(^o^) フリープロレスラー・不死鳥カラスのラーメンブログです。
タイトル: ◆スポンサーサイト
[スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: --:-- 

2011.12.23 Fri


最近、製麺屋の営業について色々と思うところがあるので(だらだら)語ってみたいと思う。



先に断っとくけど更新はボチボチで許してね(/o\)
書き足したら上げてくパターンのやつ d('-^*)


ではボチボチ(^_^ゞ
と、始める前にまず前置きとして(^-^)/

コレはあくまで俺の個人的な考えであり、他人に強要するもんじゃない。
浅草開化楼にも俺以外に営業の人間はちゃんといるし、それぞれが自分の考えで動いてるわけで。
各々の考えはまず尊重してやりたいと思う。
だからこれから俺が言うのが浅草開化楼自体の営業方針ってことじゃないからね、念のため(-o-)/

ではお待たせしました、今度こそボチボチ参りましょうヾ(´▽`*)ゝ


俺が浅草開化楼に入社してからそろそろ丸10年ってトコか…

この10年、新規店の発掘も含めて俺はまず飛び込みに近い動き、
いわゆる普通の営業活動というのを殆んどやったことがない。
後で触れるかもしれないけど実際、中には例外もあるけどね。
ただ一つだけハッキリ言えるのは、遡ってここ5~6年も然りだけど、


今後に関しては間違いなく、俺は自分からの営業はしないよ


ということ(。・_・。)ノ
自分の発言には責任を持ちたいと思う(ような大人になった)のだが要は、
今から4年前に取材を受けた「プロのためのラーメンの本」(柴田書店)の見出し一文に、
俺の製麺会社の営業に対する考えは集約されている。

『製麺屋の営業マンは粉かぶってナンボ。
 自分がつくった麺を使う店が繁盛すれば、それが一番の営業ですからね。』

今も全く以て同感てこと。我ながら良いこと言ってんじゃんと思う。

新規の営業…、

「ぶっちゃけそんな暇ないんじゃね?」と俺は思う。

少なくとも俺には、そんなことに割く時間は、ない(;A´▽`A

製麺屋に限らずどんな商売でもそうだと思うけど、何よりも大切にすべきは先じゃなく、
いま現在自分たちの会社を支えてくれている存在、つまりは既存のお客さまである。

自分たちの麺を選んで使ってくれているお客さまの成功、
この仕事をやっててそれに勝る喜びはないと思うんだけど。
俺の担当に関しては敢えて『お客・客』と言うけど、客が付き合いが長くなると共に成長していく、
俺はこの目でたくさん見てきているから。
朋友『福たけ』なんかはその最たる例でね、今はむしろこっちが支えてもらってるんじゃ?
くらいに浅草開化楼自体にとっても大きな存在になった。

そういう、客と何でも言い合い互いに同じことで悩むような信頼関係を作り上げることこそが、
少なくとも俺にとっては使命なんじゃないかと思ってるわけだ。
裏切るのも裏切られるのも…、俺は嫌だからさ。
そうは言いながら実際今でもし足りてないのが現実だけど、
俺はとりあえず昼までは嫌でも工場入ってさ、午後はなるべくお客の顔を見に行くって日々。
営業とは名ばかりのこんな生活が俺の主たる仕事だ

『そんなんで良いわけ?』

うん、実際それでもお客さまは増えているわけだから良いんじゃね?
だって今のラーメン屋さんてホントに研究熱心だから自分の麺を使ってくれてるお店が良くなれば、
一般の方やフリークに限らず、そういうプロの人たちにも食べてもらえる。
製麺屋が幾ら出張っても(笑)大した意味はない、
作った麺を実際評価に値する形で世に出してくれるのはラーメン店以外にはないのだからd(^-^)
だから目の前にいてくださるお客さまを大切にするだけで良いんです。

…だよね?

会社に掛かってくる問い合わせも殆どは俺が受けることになるが、基本姿勢は変わらない。
まず言いたいのは、

「別に俺が頼んでるわけじゃない」

てこと(^_^ゞ
たかが電話でも人間性は出ると思う。実際に合う・合わないは大体分かるから。
合わないと感じたらまず断ってしまう

『今、色んな麺を取り寄せて検討している』

と聞けば、競合する気はないから、どうぞ今検討している他所さまから取ってください、と言う。

遠方からの問い合わせなら、まずこう言う。

「取り引きする製麺屋は近ければ近いほど良いから、近くで探した方が良い。
 製麺屋のやることなんて、何処も大差ないから」

俺の考えだからしょうがないんだよね(^_^ゞ
それでも実際は取り引きする遠方のお客さまも増えている。
そこに意味があれば、やっぱり「やらなきゃ!」となるわけでね。

そして基本、俺が食べたことのない(ばっかり)既存店然りこれから開業するお店ならなおのこと、

「時間があるなら、まずこっち(開化楼)に来ませんか?」

と言う。
ご自分の頼まれようとする麺が一体どんなボロい町工場で作られているのか
俺は見といた方が良いと思うのだ(;A´▽`A
そして、電話でザックリ聞いたって(既存店)いい加減な見本は出したくない。
スープもそれぞれなら、麺もそれぞれでしょ?決まりなんてないわけで。
~用とかパッパ出てくるなら、俺には不思議でしょうがない
そりゃもちろん俺が行く場合も多々あるけどさ、未食の店ならまず見本は持っていかないよね。
つまりは二度手間になる。またすぐ行けるわけでもない(;A´▽`A
だから(見本を)急がれているなら、こっち(開化楼)に来てもらった方が早いよね。

それはまず、実際に面と向かって話をすれば、気持ちが入るということ。
また、電話で話す以上にご要望の麺のイメージも湧きやすい。
俺が適当な麺を持っていくよりも、工場にはあらゆる麺があるわけだから
その場でよりイメージに近い麺の提案が出来るということだ。
そりゃもう色んな話をするよ。
今年ブレイクした『中川會』のご夫妻なんて、ホントに何度も来てくれたよなぁ

さて。
そんな感じで俺の都合で言わせてもらえば、同業他社も願わくば同じような感覚で在って欲しい…。

だって、取った取られたなんて嫌じゃん?

…とは言え、実際はそうもいかないのが現実だ(/_・、)
けど、それはまぁ仕方ないっちゃ仕方ないんだけどさ。
俺らみたいに会議もしたことない(爆)ような町工場の延長とは違ってみんな企業なのだから。
独立した営業部ってのがちゃんと存在するトコだってあるんだろうし
そっちの方が案外マトモなのかもねd(^-^)

しかしながら、カラス特有の憎まれ口を叩かせてもらえば

作る麺には一定の評価をしてるのを前置きして、同業にはまず敵のいない俺が唯一嫌いな製麺屋
それは偏に社長の人間性や偏った営業のやり方が気に入らないことに尽きるわけだが(笑)
聞いた話じゃ(大爆)最近も精力的な営業活動を行ってるらしいじゃん

俺は出来ることならば『あの麺を使いたい!』と言ってもらえるような麺づくりをしたいと思ってる。
ラーメン本なんかで、浅草開化楼の広告って見たことないでしょ?

本当に選ばれる麺なら俺はね、広告も営業社員も必要ないと思うんだけどね

どうなん?間違っとらんど


ヤベーまたダラダラ長くなっとるし(笑)
このままいってもエントリーの文字数制限に収まりそうもないから続きは第2部でいこう(。・_・。)ノ
スポンサーサイト

2011.10.29 Sat


ということで行ってきました(^_^ゞ

講演?
前回(前橋)のパネルディスカッションを加えたら今回で都合5回目



会場の様子
回を重ねる程に難しさを痛感します
喋らせてもらうのは毎回違う地域なのだから、手応えを感じた回を踏んでいくのが最善とは思うけど、
俺はどうも同じようなことを話していくにつれ、自分の中で冷めていってしまうというか。
だから毎回切り口を変えようと臨むんだけど、やっぱどうも纏め切らんというか空回りを感じるね

講演?
やっぱある程度の話の流れというかパターンを作った上で盛っていくというのが良いんだろうね
次回以降はそんな形でやってみて、また違う報告が出来たらと思います(^o^)v
期待して大勢来てくれた名古屋の皆さん、マジごめんだったかもですが、何より本当にありがとう。

お昼は山本屋さんでたぶん初(?)な味噌煮込みうどんをゴチになった。



絶対苦手だと思ったけど、実際食ってみにゃ分からんね
赤だしのナメコ汁とか大好きな俺にはかなりツボだったわ

夜の打ち上げはかしわと鰻のお店「宮鍵」さんで。
水炊き・ひつまぶしも美味しく、良い酒だったなぁヾ(^▽^)ノ

途中で強引な呼び出しを食らいながらも気持ち良く飛んで来てくれたKさんもありがと

2010.07.28 Wed


①赤から黒へ「太麺堂」

現在「ajito」レシピ提供【太麺堂のつけ麺・ロッソ】を好評展開中の高田馬場「太麺堂」だけど、
現在20食限定で提供中のカラス新麺【ふへん者】は7月限り!あと4日しかないんでお早めに
8月以降は通常の「太麺堂」の麺になるけど、ロッソとの相性はむしろコッチ!
…と思ってるんで、ぜひ食べてみてね(^ー゚)b

さて。
次回コラボへの切り替えの時期についてだけど、学生の街というのを加味して9月頭…
早くても8/20前後が良いトコだと思ってる。
レシピ提供のコラボ店は先日お伝えした通り、南池袋「焼豚ソバ 黒ナベ」に決まった(^ー゚)b
切り替え直後はまだ暑いと思うからつけめんバージョンでのスタートになるが、
『黒ナベ』渡邊店主は早くもラーメンの試作を開始した(^ー゚)b



この初期バージョンからどう変化していくかをお楽しみに。随時報告していきます(b^ー゚)♪


②千葉・稲毛「麺処 まるわ」浅草開化楼麺になりました(^ー゚)b

続いて嬉しいお知らせ
俺もぜひ一緒にやりたいと思っていた『まるわ』、
既に浅草開化楼麺を導入して営業を開始してます(^ー゚)b

らーめん・つけめん系の【傾奇者】を始め、淡麗系の細麺まで全て俺の手が入った麺なんで
その辺りも期待して食べてみてね(^ー゚)b



「麺処 まるわ」
千葉市稲毛区轟町4-1-13 TEL 043-284-3767
【営業時間】11:00~15:00/17:00~22:00(スープ切れ終了)
【定休日】火曜日(祝日の場合は翌日休業)


特に前回もお伝えしたこの一杯は必食!


【たんたん辛つけめん 850円】



辛いモノ好きにはモチロン、つけめんが好きという人には絶対食べて欲しい一杯(^ー゚)b

2009.02.07 Sat


新規の営業絡みなんで店名は書けないんだけど、何だか久々に不味い麺食った(-_-;)

らーめんで、食べ進めていった後でも馴染まないわスープも乗らないわだからどーにもならない。
同じ麺でつけめんもやってるらしいのだが、どう考えてもマイナスと思う。
スープは全然良いし、お客さんも入ってる。
つか俺、この製麺屋さんの麺好きなのもあるんだけど…。何でこんな風になっちゃうかなぁ(笑)
で、こちらへの要望の1つに麺代金のコストダウンがあるっていうんだけど、
それに関しても現行の麺屋さんて、ウチより基本設定は安いんだよね。

今回はまず食べてみるってだけで詳しい打ち合わせは後日って流れなんだけど、
正直、俺に何求めてるんだよ?って感じだな(笑)
麺代がまずの前提なら、出せるモンはどうしたって限られてしまうからね。
まだ話もしていない担当の方がここ見てるかは知らないけど、
麺で10円やそこらケチるのはどうか?と思います。まぁ今より下げた提案も出来るとは思うけど。
どうせ俺にやらすんなら、まずは制限なく自由にやらせてもらいたいね。
値段の交渉は最後で良いでしょう。気持ちで折れたりもあるわけだし、さ(b^ー゚)♪

とまぁそんな訳で、元から知り合いの間に入ってくれた方と2人で、
現在使っている2種類の麺を両方共食べてみたんだが、さっきみたいな印象で。
細麺は見た目も美しいし悪くないんだけど、看板メニューに使ってる太麺が何せどうにもならないから。
腹は満たされても心が満たされない。これが一生懸命頑張った俺の今日の昼メシかよ?!ってね(笑)

それがどうにも悲しい(-_-、)vチーン

太りたくない、1日1杯の約束だけど、帰りにもう一杯自分の好きなラーメンを食べようと思った。

癒されたい。

そして向かった先は…
20090207093052


そう、「むろや」です。

渕上さんはホントに頑張ってるなぁと思う。
ここ数年で『むろやが好き』って人も確実に増えてるんじゃないかな(^ー゚)b
場所さえ良ければもっともっと評価されると思うし、ホントにラーメンって難しいね。
今週末も良い食材が(鮟肝だったかな?)入ったから限定やるって言ってた。
限定の完成度がまた素晴らしいんでね、ホントにもっともっと注目してあげてください(^-^)/

書いたついでだけど、俺は去年の夏に細麺の冷やしつけめんを食べさせてもらったんだっけ。
20090207093056

今年の夏もきっとやると思うけど、これはマジ美味かったヽ(´∇`)ノ
写真が残っていたので今更ですけど(^ー゚)b

ところで渕上さんは今、ラーメンの麺の変更を考えてるらしい。
大好きな店だから更にグレードを上げれるように、俺も出来る限りのことしたいと思ってます。
そちらも期待しててね(b^ー゚)♪


癒されましたヽ(´∇`)ノ

次は噂の!調味料ゼロの煮干しの限定に来ようと(^ー゚)b
確か14(土)15(日)って言ってましたよ(^o^ゞ

2007.01.24 Wed


次のエントリーの為に、先にこの項を書いてみます。
先頃、立て続けに【営業やめます宣言】と【2007年コレやりたい宣言】を上げましたね。
写真がなんもないのも淋しいので、とりあえず無駄に最新のを1枚(Θ_Θ)チーン
20070124212832

とりあえず、少しは気ぃ楽になったねヽ(´ー`)ノ


じゃあトットコ書いちまえ。
前向きな方からいきます(^ー゚)b


【2007年コレやりたい宣言】のその後

【ペペロンq=(^ー゚)チーメン】はすぐやった。
ポンヨウにサンプルを切り出して、残った麺帯で実は|゚o゚)w24番ストレートの細麺形状も切り出してる。
なんでかって言うとボクの中で、
『つけめん専用生地なんか、ねぇ!』
てのがあるからだ。
つけめんでイケルなら、ラーメンでも美味くねぇと(^ー゚)b
良い結果が出たら、何か面白いこと仕掛けたいな|゚∀゚)ノィョーゥ
…て、鎖国麺かぁい!(-_-、)チーン

そして2番目。
敢えて波紋を呼ぶように書いた、つけめん用(一応ね)ブレンド粉の開発っての。
今日、さっそく製粉会社の人と会いましたよ(^ー゚)b

…んで、これが会社への背任行為くらいに言われてんだって?
だとしたら、まさに計算通り、思う壺だわヽ(・∀・)ノアッヒャヒャ!
んなモン、会社としてやるに決まってんでしょ!
でなきゃわざわざblogになんて書くもんかぃ(笑)
もぅね、新しい生地を作りたくても作れない状況なんですよ(-_-、)チーン
でも、溢れ出てくるアイデアがあるんだもん。それ、眠らしとく?勿体なくね?
なら開放すれば?(^ー゚)
もし、とても良い粉が出来てそれで良い麺が出来る。
そりゃあ単純にお客さんが増えた方が良いだろうし、その方が会社も儲かるでしょう。
でも実際これ以上浅草開化楼で麺生地の種類増やして作れないし、
とにかくオレは、基本的に同業他社の作り上げた信頼関係を壊すような営業はしたくないんだよ。
まぁ例外もありますが(笑)
義理も人情もないお客さまの奪い合いをするよりも、同業それぞれが良い麺を作り、
それぞれのお客さまに喜んでもらえれば良いじゃない!
その手助けがもし出来たら、何て素晴らしいんだろうヽ(´∇`)ノ
…なんてね、大それたことを考えてるワケです。まぁ、実際やるったら大変だけどね。
ベースの小麦の組み立ての開発で会社に少なからず利益をもたらせるなら、画期的だよね?
そーいう話だからね(^ー゚)b
バカは先走って誤解しないように(´,_ゝ`)プッ


さて。それでは問題の、
【営業やめます宣言】のその後|^ー゚)b
一見、後向きに見える方ね。
それは、「今年やりたいこと」にも通じること…。

浅草開化楼には、専属の営業担当社員というのは一人もいない。
工場の人間が全て兼任する為、問い合わせの電話への応対とそれに付随する営業のみが求められる。
それ以外はどんな動きをしても自由だ。
昨年は、多少の巡り合わせはあるものの、その問い合わせの殆どをボクが受け、担当になってきた。
すると担当店がどんどん増えていく。なぜなら、8割方決めちゃうもん(^ー゚)b
根底にはモチロン、浅草開化楼が美味い麺を作ってるという支えがある訳だけど。
昼まで工場に入ってる割には、そこらの麺屋の営業専属よりよっぽど優秀だよ(笑)

しかしながら、ボクは『製麺屋の営業職』の本分を、既存のお客さまへのフォローと考えてる。
動けるのが午後だけでは、限界があるわけ。
かと言って、午前中から外で動きたいのか?と聞かれたら違う。
昼まで工場ってのは、絶対譲れない。まぁ、別に大したことやってないけどね(Θ_Θ)チーン
製麺屋はまず、麺を作らないと(^ー゚)b最低の基本だと思うよ。

今年は、より【本物思考】でいきたいと思ってる。

『営業やめます!』

って言うのはつまり、
偶然の出会いを捨て、必然の出会いだけを、より求めていくってこと(^ー゚)b
自分の理想の【製麺屋の営業像】を確立すべく、勝手に宣言しちゃった(^o^;)

自分の作った麺だけを、判断してもらえれば良いんだって。

最低限のパブリシティの場は、此処にあるわけだし。それで充分だよ(^ー゚)

その上で、『カラスに担当しろ!』って嬉しいことを仰ってくれる方がいれば、
ボクは喜んで営業担当させていただきます…てね、そういう風に言いたかった。
出会うべくして出会うって、素敵じゃないですか(^ー゚)

それに今の浅草開化楼には、オレが投げてもちゃんと営業任せられる人間がいますo(^-^)o
コイチャソなんてマジ頑張ってるし(^ー゚)b
色んなタイプの人間がいるんだから、その人の考えに則った営業をそれぞれやっていけば良いんだし。
営業は会社の窓口だからね、生意気な口ばっか叩いてるオレみたいのは、
少し引っ込んでんのが良いんですよ|^ー゚)b
その方が、会社の幅も広がると思うしヽ(´ー`)ノ

さて、そんな訳で今後は名指しで指名してください、と言わせてもらいましたが…。

嬉しいことに、本当にそんな電話をすぐにくれた人たちがいますヽ(´ー`)ノ
この場を借りて、本当にありがとう。
その最初の電話が、ボクが浅草開化楼に入る前からの既存のお客さまだったというのが、
本当に嬉しかったなヽ(´∇`)ノ
配達の車に便乗してた時に、配達のおじさんから『凄く頑張ってるんだけど…』と聞いて、
半年以上前に一度だけ軽く挨拶だけさせてもらったお店なんだけど。

『営業やめられたってblogで読んで…、お時間あれば是非一度来てもらえませんか?』

って言ってもらった。
こんな幸せなことはないよヽ(´ー`)ノ
ボクは飛んで行きました。
気付いたら、2時間以上も話してた。
ラーメン店と製麺所の本来あるべき関係を再確認出来る、大切な時間でした。


それが次のエントリー(^ー゚)b
ボクは、こんな営業がしたいんです。

2006.10.24 Tue


先日、ある携帯サイト(笑)でこちらのお店についての見捨ておけない記述があるのを聞いて(゜o゜;)エーッ?!
早速見たらいよいよ気になって、先日のコイチャソに引き続きやってきた(^ー゚)b

「豚骨屋 これでもかっ」
20061025232315

信頼してる担当のコイチャソから大まかな状況は聞き、安心はしてたんだけどねヽ(´ー`)ノ
とにかく自分で食ってみないことには何を言う資格もないだろと(b^ー゚)

さて、問題の【見捨ておけない記述】というのは、こんな感じ(゚o゚)/

『スープは好印象だが、麺がどうも…?スープを弾くようなゴムのような舌触りが気になる。
 製麺所選びを含めて頑張って欲しい』

つまり、完全否定ですな(-_-、)チーン
スープに合う麺選びだけならまだしも、『製麺所選び』とまで言われちゃ(゜o゜;)エーッ?!

ぶっちゃけ、オレに喧嘩売ってんのか?!

と。


エヘヘー(*´σー`|

…そぅ思わなくもないんですが、こうしてキチッと自分の名前を出して発言されてるなら話は別(^ー゚)b
オレだって麺に関してはかなり言いたいこと言ってるからね(^o^;)
まぁ、仕方ねぇのか(笑)
…どころじゃない!真摯に受け止めねばと思います(`-´)>

さて。
しかし、どーにも解せなかった。

果たしてあの麺がスープを弾くかなぁ?ゴムみたいな食感なのかなぁ?って。

「これでもかっ」で使われてる麺は、浅草開化楼で最も代表的な生地だから。
スープ乗りの良い低加水ブレンド麺で、ボクの麺づくりの常に目標にしている万能生地だから。
具体的に言うなら、
「らーめん弁慶」や「麺創房 無敵家」(ボーメ度が違う)に代表される豚骨系の人気店、
「八幡だんちょうてー」や「らーめん むろや」、「麺家 宝」などの魚介系、
果ては、ボクの大好きな「麺 高はし」のつけそばにまで使われてるのだ。

ボクもおそらく一番食べてる浅草開化楼の麺なんでね(b^ー゚)♪
担当のコイチャソが本千葉時代から現在幡ヶ谷店長の手島さんとのやりとりの後、
この麺を選択した時は一切の不安もなかったし。

そう!浅草開化楼は自信を持ってこの麺を出しております(゚∀゚)b

そいでね、
実際に食べてみたんだけど…、

【黒豚骨らーめん 650円】
20061025232242

やっぱり不安は感じなかったんだよね。

ただ、無難ちゃあ無難な線なんだ。
面白みが、ないわけ。
特に【替え玉】をやってる以上、これより太かったり縮れをかけたりは厳しいのかと。

その上で、もしオレが手を入れるならね、
替え玉に【インチキ(゚o゚;)ハカタメソ】を持ってきて、通常の麺には形状含めもう少しインパクト付けるかな。

しかし、今はその必要性を感じない(^ー゚)b

そんなに良い場所かな?此処。
今日は14:30で満席ですよ?
そりゃ確かにボクは【あげちん】で、どこ行っても後から後から(゜o゜;)お客さん来ますけど(笑)
ちゃあんと支持は受けてると思います(゚∀゚)b

そして何よりも!
手島さん自身がこの麺を美味しい!と、気に入って使ってくれてること(^ー゚)b
その気持ちこそが、いちばん大切じゃあないですか!
憎まれ口を叩かせてもらえれば(゚∀゚)b
本千葉時代はとある大手製麺所と取り引きされてたワケですし?└(゚o゚)┘オーマイガッ!

手島さんの中に『?』が浮かべば、僕らは幾らでもご相談に乗りますし、
大切なお客さまですから、呼んで戴けば、コイチャソはもちろんボクだって、
いつでもすぐに飛んでいきますよ(^ー゚)b

果たして【製麺所選び】、間違っているのでしょうか?
「そんなもんかっ」と思われたのなら、悲しいですね(-_-、)チーン

週に一度の定休日にしか家族の待つ自宅に戻れず、店に泊まりこむこともしばしばで、
全てのオペレーションをたった一人でこなしながら、疲れも半端ではなかろうに、
常に笑顔を絶やさず、僕らにさえいつも低姿勢で出迎えてくれる手島さんの頑張りに、
僕らは精一杯応えたい。
そう思っています。

「豚骨屋 これでもかっ」応援してあげてください。


「豚骨屋 これでもかっ」
渋谷区幡ヶ谷1-5-6 金井ビル1F TEL 03-3374-9499
【営業時間】11:00~15:00/18:00~翌2:00
【定休日】月曜日 ※月曜が祭日の場合は火曜休みに振り替え

2006.10.04 Wed


家に帰ったら21時ですよ(-_-、)チーン
いったい何時間働けば?

しかぁし!(^ー゚)b

ここらで立て続けに良いお知らせが出来そうな予感です(b^ー゚)

写真は、今朝9:41のもの。
20061004230436

細麺プロジェクツ、バリバリ進行中です(゚∀゚)b

腐ってたってしょうがない。
前を向いていきましょう。
カラスは時に吠えますが、
実は笑っておりますよ(^ー゚)

明日に向かって、

前を見て、

上を向いて、

頑張りましょうね!(b^ー゚)

2006.09.27 Wed


聖地三田を後にして、車に乗り込んだ。
助手席のチキソ矢野っちは空腹を埋めたにも関わらずグッタリとしている。

『圧倒されちゃいマシタ。アノ量は食えない(;゚д゚)、ゲッ』

「まーゆっくり休めば良いよ(b^ー゚)♪まだまだ先は長いんだし」

『長野に帰りたい…』

「明日、店?」

『ハイ…朝からデス』

「なぁんだ!まだ半日以上あるじゃん(゚∀゚)b」

予定は一切変えない(爆)
チキソを車に残したまま、1つ目の営業に。
今朝打ったばかりのカラス新麺(^ー゚)bを持って。
果たして美味いか不味いのか、全くもって分からないその麺を、
3人のスタッフがその場で茹でて食べ、率直な意見をくれる。
ぶっちゃけ、こんなに充実感を得る瞬間はないよ。
もちろんボクも一緒にね(=^▽^=)
実際スープに合わせてもらうことで、より良いNEXTへのイメージが膨らんでいく。
こんなに熱い人達に、出会えただけでも財産だと思う。

ニコニコして車に戻った。
やっぱり矢野っちにはボクをオイテケボリにして長野に逃げ帰る度胸はなかったみたいだ(笑)
絶好のチャソスだったのに(b^ー゚)♪
チキソだなぁ(爆)

『あー少しラーメソ食べたくなってきた』

「…二郎?」

『まさかぁ!勘弁してくださいヨー(-_-、)』

最後の約束までまだ暫し…、
少し回り道して、閉店間際の「六厘舎」を舐めていくことに(b^ー゚)
何とか間に合ったが、矢野っちお目当ての【中華そば】は売り切れ(-_-、)チーン

ガックリと肩を落として助手席に乗り込んだ矢野っちに、優しくこう言った。

「17:30に約束のトコは、かなりジャンクなラーメソ屋さんらしいから(^ー゚)b」

『エーッ?!((((((゜o゜;)))』

その街には、結局30分くらい前に着いてしまった。
車を停めた瞬間、表に飛び出していくチキソ。…どうやら、腹を下した模様(笑)

そこで、1人になってよくよく考えてみる。
オレ、嘘は嫌いなんだよね。
今日の営業の主目的は、現在のスープのバリエーションを、まず全て食べさせてもらうこと。
名刺を忘れた開化楼社員という設定で矢野っちを連れていこうと思ってたけど、
いくらチキソでも、やはり同業の匂いって何となく出ちゃうものなんじゃないかなって。
ましてや、その店のご店主とは電話で話しただけだけど、相当クセも強そうだし(゜o゜;)
じっさい名物オヤジってことなんでね。

17:30の時間通り(`-´)>
開き直り、そのまんまを説明してみた。

「はじめましてスイマセン。実はボク今日、長野のお客サンを足代わりに使って移動してまして」

『…は?』

「ただ待たせとくのはさすがに心が痛むんで、一緒に食べさせてもらっちゃ、ダメすか?」

『……アンタ、【客使ってます】ってどういう営業だよ!悪いじゃんよ!入ってもらってよ!』

そんなオヤジさんの優しさに甘え、前代未聞の営業が執り行われたのでありました。

実に!パンチのあるラーメンだったな(b^ー゚)
ちなみにチキソは、途中でまたう〇ちを垂れに行き、そのまま退座でした(笑)
近々良い報告ができるように、頑張りたいと思います(^ー゚)b

結局、浅草開化楼に戻ったのは19:30ヽ(´ー`)ノ

「じゃあね!矢野っち」

帰りは実にアッサリしたモンです(爆)
だってオレ、半日後にはもう仕事してますから(゜o゜;)


しかし…。
この僅か1/4日が、実は矢野っちの心に大きな爪痕を残していたのを、ボクは翌朝知ったのです。

ボクが既に寝た後の、22:47に、矢野っちからメールが来ていました。
本文は、たったコレだけ。

『帰りに歌舞二郎

キタ――(゜∀゜)――!!
いかにもチキソぽいね(=^▽^=)

そして2日後の昨日夕方には、こんな写真が届きました。
20060928234925

【二八郎?二郎八?】

この写真には、実は大きな意義があります。
昨年第1回が行なわれ、大盛況の内にその幕を閉じた信州のラーメン博に、
第2回となる今年、「麺屋 二八」は【二郎インスパイア】で臨むことを決めました。


「第2回信州ラーメン博」
【日時】2006年11月10日(金)~12日(日)
【会場】長野市 ビックハット特設会場


ボクもマスク姿で「麺屋 二八」のブースに立とうかなぁ…なぁんて思ってます(b^ー゚)
Skin:Babyish
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。